スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

俊輔 on FIFA.com


Life is Japan blue

久しぶりにFIFAのサイトを見ると、ヴェンゲルのにらみが怖い。
ではなくて、その隣に俊輔が。
「Nakamura savours Scottish adventure」
「スコットランドの冒険を堪能する中村」というタイトルの特集。

俊輔 on FIFA.com

セルティックでの活躍、スペインへの移籍の噂などについて
俊輔本人がFIFAのインタビューに答えています。その中からいくつか抜粋。

***************************************************
the first Asian player
スコットランドへ移籍してきた外国人選手が皆、活躍できたわけではない。
中には期待されながらも不名誉な成績に終わった選手もいた。
そんな中で中村俊輔はチームに愛され、スコットランドでタイトルを獲得した
初のアジア人選手となった。

「自分の成し遂げたことを評価できるのはキャリアを終える時だとは思うが、
セルティックで優勝できたことはこれまでを振り返ると最高の出来事だった。」


The touch of an angel
ストラカン監督は中村のボールの持ち方をこう表現する。
彼のおかげで、セルティックの攻撃に新しい一面が生まれた。
先日、4-1で勝利した Kilmarnock戦でのFKは、彼がなぜサポーターに
愛されているかを分からせてくれるような素晴らしいゴールだった。

「ここのサポーターはサッカーを分かっている。彼らは試合をよく観察し、
どんな些細なプレーも見逃さない。良いプレーをすれば拍手が起こる。
選手にとっては何よりも嬉しいことだ。イタリアで拍手が起こるのは
いいタックルをした時とゴールを決めた時だけだった」


Next stop Spain?
それでも彼はスペインでプレーしたいという願望を隠そうとはしない。
Athletico Madrid、Deportivo La Coruna、Racing Santander、
この3チームは彼の夢を喜んで叶えたいと申し出ている。

「ここへ来たことは正解だった。自分自身を向上させる為に
スコットランドへ来たが、同時にセルティックというチームのレベルを
あげることも目的だった。そしてその両方を達成できたと思っている」


***************************************************
移籍後1年で2つの目標を達成してしまったのは
本人にとっても計算外だったかもしれない。
でもそのおかげで、俊輔のサッカー人生の中で最も充実した時期に
W杯を迎えることができそう。

移籍の目的を全て達成してしまった、ということは、
W杯後はスペインへ!なのかな?
コチラ↓で確認してください。
Nakamura savours Scottish adventure

何度も何度も言ってるけど、いつになったらFIFAは日本語に対応してくれるかな?
日本には大切なスポンサーがたくさんいるはず・・・

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング
スポンサーサイト



  1. 2006/04/20(木) 20:58:11|
  2. Japan blue|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lifeis14.blog45.fc2.com/tb.php/77-845409bc
08月 « 2017年09月 » 10月
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  • J.B.A
  • Add to Google
  • RSS

Recent Entries

Category

tag

Search

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Link

BLOG LINK

QR Code for mobile

QRコード

Profile

you+


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。