スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

同じチャンスは2度来ない-アジアカップを終えて


Life is Asian Cup 2007

「私の故郷サラエボのことわざで「同じチャンスは2度来ない」というのがある。
それを2回与えて結果を出せなかった人間にはもうチャンスはないかもしれない」

韓国戦後のオシム監督のコメント。
アジアカップを終えた今このサラエボのことわざをオシム監督にそのまま返したい。

監督就任後1年で迎えたアジアカップはオシム監督にとっては通過点だったのかも
しれない。もちろんW杯が最終目標ではあるけれど、日本代表にとってはその次に
大事な大会。優勝できず、3位にも入れず、大会を通して得た経験は大きいけれど、
その為に払った代償も大きい。

何より残念に思うのはコンフェデの出場権を逃してしまったこと。

W杯の前年にW杯開催地で行われるこの大会は言ってみれば「プレW杯」。
実際にW杯で使用されるスタジアムでトーナメントを戦うことは各大陸の王者のみ
に与えられる特権。ピッチの状態に慣れる、気候に慣れる・・・選手にとって
有利なことはもちろん、交通や宿泊などに関してスタッフがそれを経験しておく
ことがW杯本大会において大きな意味を持ってくると思う。まして日本人にあまり
馴染みのない南アフリカという国であればなおさら。

◆関連サイト
アジアカップ公式サイト(日本語) AFC.com
◆関連記事 韓国戦後 オシム監督会見  スポーツナビ

また、次回2011年のアジアカップから前回大会の1位~3位までの国が
予選免除となる。残念ながら日本代表は韓国に敗れたことで、今回と同様予選から
戦わなければならなくなった。2011年開催なので恐らく南アフリカW杯前にも
予選を戦うことになるだろう。試合数が多いことはチームの成熟にはいいことでは
あるけれど、果たしてドイツW杯前に行われたアジアカップ予選(インド戦)が
選手の疲労度と同じくらい得るものがあったかという疑問もある。

アジアカップで得る事ができたのは「アジア王者」、「アジアカップ連覇」という
称号だけではなかった。

オシム監督は大会を通して「リスクを冒して・・・」というコメントを何度か残して
いる。2トップに対して4バックの守備をする、つまり中盤の数的優位を作る為
2人のストッパーで対応する。また、高温多湿のトーナメントで限られた選手のみを
起用する。これらの"リスクを冒して"理想のサッカーを追求した。オシム監督だけ
でなく選手も同様だった。

人もボールも動くサッカーを意識しすぎたあまり、ドリブルで仕掛ける選手も
いなければ積極的にミドルを狙うプレーもない。挙句にはパスミスでカウンターを
狙われる・・・

「個人技を出すタイミングがまだ難しいが、チームの基盤は見えた」

サウジアラビア戦後の中村俊輔のコメント。
今の日本代表はこの言葉通り、基盤はできているけれど決して完成形ではない。
その状態でリスクを冒すべきではなかったと自分は思う。

何を言っても結果論に過ぎないし、終わったことは仕方のない事。
イビチャ・オシムという人は監督しても人間としても素晴らしい。でもそれを
承知の上で言わせてもらえば、「運がなかった」、「我々の方が内容はよかった」
こんな言葉はもう聞きたくない。"同じチャンスは2度来ない"のだから。
サッカー

スポンサーサイト



  1. 2007/07/29(日) 21:42:22|
  2. AFC Asian Cup 2007|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lifeis14.blog45.fc2.com/tb.php/335-7b914bb3
10月 « 2017年11月 » 12月
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
  • J.B.A
  • Add to Google
  • RSS

Recent Entries

Category

tag

Search

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Link

BLOG LINK

QR Code for mobile

QRコード

Profile

you+


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。