スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ミラン戦を終えて


Life is Champions League

0-0の引き分け。

ホームで失点しなかったのは大きいけど、ミランの調子が悪かったので
せめて1点くらいは取っておきたかった。

前半からなんとなくスコアレスドローになりそうな雰囲気だった。
ミランのプレッシャーが速い為、セルティックはボールを持ってもバックパスを
連発。中村俊輔のところにもなかなかボールが納まらず起点を作れない状態。
ミランもカカが1人で奮闘するもゴールにまでは至らなかった。

気になる中村俊輔ですが、残念ながら特筆するほどの活躍はありませんでした。
ホームで失点しない、というのが今日のセルティックの戦い方だったのか
俊輔も守備に割く時間が長くなり、ずるずると下がっていく場面が多く見られた。

見せ場と言えば前半38分のFK、ゴールからおよそ25mの位置から放った
ボールはきれいな弧を描いて枠に飛ぶもGKカラチがセーブ。
FKで俊輔がボールの前に立つ度に現地の実況が「danger! danger!」と叫んで
いたけど、今日のFKはそこまでdangerでもなかった。

◆関連記事
セルティック×ミラン試合結果 uefa.com
◆関連ブログ
サッカーに関するブログ 「サッカーブログランキング」

一方のミランは俊輔がキープレーヤーとしてあげていたピルロも
特に目立った活躍はなく、ジラルディーノもケガが影響しているのか
いいボールが入っても決めきれないという場面があった。

そのミランの中で際立っていたのはカカ。後半のヤンクロフスキ→カカ→
ガットゥーゾとつながったパスはきれいな流れだった。セルティックにとっては
最後のシュートがガットゥーゾで助かったけど、完璧に崩されていたので
1点入っていてもおかしくなかった。

第1戦を0-0で終えたことでセルティックは第2戦サンシーロの試合で
1-1でもベスト8へ駒を進めることができる。
といってもアウェイに弱いセルティックにとってその1-1さえも難しいのかも
しれないけど。

今日の試合で中村俊輔がボールを持つたびに起こった歓声、セルティックが
FKを得る度に起こった拍手はサンシーロでは全てブーイングに変わる。
その雰囲気の中で自分のプレーを出せるかどうか、イタリアからスコットランドへ
渡って成長した証を見せてほしい。

※出かける前に急いで書いたのでまとまっていない文章ですみません。
試合後のコメント、メディアの反応などはまた後日。

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング

スポンサーサイト



  1. 2007/02/21(水) 07:32:57|
  2. 06-07 Champions League|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lifeis14.blog45.fc2.com/tb.php/303-910d3f15
01月 « 2017年03月 » 02月
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
  • J.B.A
  • Add to Google
  • RSS

Recent Entries

Category

tag

Search

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Link

BLOG LINK

QR Code for mobile

QRコード

Profile

you+


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。