スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

広がる波紋


Life is football

サポーターの暴動により死者1名、負傷者100名以上を出した悲劇から
一夜明けたイタリアではさまざまなところでその波紋が広がっている。

最新の情報をまとめてみると

・逮捕者15名はいずれも警官の一件には関与していなかった
・負傷者のうち1人の警官は今もなお重体にある
・カターニアスタジアムは差し押さえ
・カターニア会長、GMがこの件が解決し次第辞任することを表明
・イタリアサッカー協会が警官の遺族の為に基金を設立
2012年EURO開催地へ立候補しているものの開催も危ぶまれている
・イタリアサッカー協会会長は1年間のリーグ休止を提案
・イタリア五輪委員会は数週間後に無観客試合での再開を目指す

個人的な意見では付け焼刃の対応で無観客試合を行うより、きちんと解決策を
見つけた上で体制を整えてこれまで通りリーグを再開してもらいたい。

カターニア会長の辞任には森本にも影響が出る可能性がある。
先日の衝撃的なセリエAデビューによって決まりかけていた来シーズンの
完全移籍が白紙に戻ることもあり得る。

◆関連サイト
カターニア公式サイト Calcio Catania.it
◆関連記事
プラティニ会長FIGCの決定を支持 uefa.com
◆関連ブログ
サッカーに関するブログ 「サッカーブログランキング」

この事件に関して各クラブの監督もコメントを発表している。

◆イタリア代表:ドナドーニ監督
「(来週の親善試合の延期について)正しい判断だと思う。今は代表も試合を
行うタイミングではない。決定的な改革が必要だ」

◆ラツィオ:ロッシ監督
「今やるべき事は静かにすることだと思う。それは私達全員が罪を犯した
犯人だからだ。試合の中止が正しい判断かどうかはわからない」

◆ACミラン:アンチェロッティ監督
「こんな事件は二度と繰り返してはならない。リーグ戦の無期限休止は適切な
判断だ。カルチョはそれを愛する全ての人の物だ」

◆レアル・マドリー:カペッロ監督
「ショックを受けている。海外で仕事をしているイタリア人にとってこのような
ニュースは恥ずかしい。あれはサッカーではない」

イタリアのサポーターによる暴動などの行為は今に始まったことではないし、
何十年もその対応を怠ってきた事に対しての怒りや失望感、というのが
現在イタリアサッカー界全体を覆っているのかもしれない。

それでもサッカー協会や関係者の迅速な対応や、厳しい処分を受け入れている
クラブの姿勢を見ていると、これまでにない大きな改革が行われようとして
いるのを感じる。何かが起こってからでは遅かったのだけれど・・・

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング

スポンサーサイト



  1. 2007/02/04(日) 23:38:18|
  2. football|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lifeis14.blog45.fc2.com/tb.php/291-0d4eb281
03月 « 2017年04月 » 05月
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
  • J.B.A
  • Add to Google
  • RSS

Recent Entries

Category

tag

Search

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Link

BLOG LINK

QR Code for mobile

QRコード

Profile

you+


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。