スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

レアル・マドリー崩壊への道


Life is football

↑ひどいタイトル。
勘違いされると困るので、これは今までの体質を改善してクラブが本来あるべき
姿に戻ろうとしている、といういい意味での「崩壊」です。

ここ数日のレアル・マドリー
ベッカムのアメリカMLS、LAギャラクシーへの移籍決定
ラウルが放出リストに載る(という噂)
ロナウドの移籍先を模索中
エメルソンがユヴェントスに戻りたい(と言っているらしい)

ロナウドの移籍についてはマドリーのカルデロン会長が「彼にふさわしい
出口をみつけなければいけない」と語っていて、オファーのあった複数のクラブ(※)と
会談し、現在は移籍の時期が"今"なのかシーズン終了後の"6月"なのかを
検討している段階。
※候補にあがっているのはアメリカのニューヨーク・レッドブルズユヴェントス
サウジアラビアのアルイテハド

もうそこまで話が進んでるんだ。

◆関連記事
「Ronaldo heading for Madrid exit」  BBC SPORTS
◆関連サイト
レアル・マドリー公式サイト Realmadrid.com(日本語)
◆関連ブログ
サッカーに関するブログ 「サッカーブログランキング」

「毎年ビッグネームを獲得する」と約束してから実際にフィーゴ、ベッカム、
ロナウド、ジダン、オーウェン
など補強ポイントとは関係なく次々と高額な選手を
獲得してきたレアル・マドリー。中には、「当選したらこの選手を獲得する」
と会長選挙の公約に利用された選手もいた。

それでも毎年わくわくしたのはシーズン前だけで、高い移籍金に見合う結果は
残せていない。02/03シーズンのリーガ優勝以来タイトルにも見離されている。

最近のマドリーのニュースを見ていて、なんとなく一時代が終わったなという
印象を受ける。日本に入ってくる情報だけではどうしてもベッカムやロナウドを
冷遇しているカペッロ監督が悪者に見えてしまうけど、今マドリーがやろうと
していることは間違った補強を繰り返した過去の清算。
スター軍団ではなくタイトルの狙えるチームづくりをしているのだと思う。

だからと言って30代前半の選手がアメリカや中東のクラブに移籍するのは
どうかと思うけど・・・

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング

スポンサーサイト



  1. 2007/01/16(火) 23:16:25|
  2. football|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lifeis14.blog45.fc2.com/tb.php/281-af7c6eda
08月 « 2017年09月 » 10月
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  • J.B.A
  • Add to Google
  • RSS

Recent Entries

Category

tag

Search

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Link

BLOG LINK

QR Code for mobile

QRコード

Profile

you+


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。