スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

なくなった記憶


Life is football

「キックオフの瞬間さえ覚えていない」

10/14のレディング戦で頭部を骨折したチェルシーのGKツェフが、
あの事故以来初めてインタビューに答えた。

「キックオフ前、テリーがコイントスで負けてサイドが替わったので反対側の
ゴールまで走って行った。これが最後の記憶だ」

もちろんケガをした場面も記憶になく、後でテレビで見てケガをした箇所が
実際に自分が思っていたのと反対側だったということに気付いたらしい。

サッカーを見ていると、捻挫や打撲などのケガには慣れてくる(ケガをした選手
には悪いけど)。でも鍛えることのできない頭部のケガだけは、生死に関わる
恐れもあるので見ていてぞっとする。

とりあえずツェフは木曜日にチェルシーの練習グランドを訪れ、選手や監督、
スタッフと談笑して、インタビューに答えられるくらいに回復した。
特にチェルシーファンでもツェフに思い入れがあるわけでもないけど、
順調に回復しているというニュースを聞いて本当に嬉しかった。

◆関連記事
ツェフ インタビュー(英語) Chelseafc.com
◆関連ブログ
サッカーに関するブログ 「サッカーブログランキング」

順調に回復しているといっても、ひどい頭痛で目が覚めることがあったり、
数分間歩くだけでも休憩が必要なくらい疲れやすかったり、完治までには
まだまだ時間がかかる様子。

「チェルシーとは関係のない外部の人からもカードや手紙が届いた。
他チームのサポーターや海外で活躍するGKからの手紙もたくさんあった。
それらは本当に素晴らしいものだった」

チェルシーの選手、監督、スタッフ、そしてサポーターはもちろん、他クラブの
サポーターやスポルティング・リスボンGKのリカルド、ニューカッスルのGK
シェイ・ギブンなどからのメッセージに励まされたと語っている。

ツェフが回復しているからこそ、こうして「いい話」としてここに書けるけど
一部の記憶がなくなっていたり、頭部に金属のプレートが入ってることなどを
考えると、つくづく大事故だったんだなと思う。サッカーの試合では2度と
起こってほしくない。

来週からリハビリを開始するツェフ。来シーズン、スタンフォードブリッジに
戻ってきた時にはスタンディングオベーションで迎えよう。
もちろんテレビの前で。

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング

スポンサーサイト



  1. 2006/10/28(土) 03:19:21|
  2. football|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lifeis14.blog45.fc2.com/tb.php/232-4348bf7f
07月 « 2017年08月 » 09月
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
  • J.B.A
  • Add to Google
  • RSS

Recent Entries

Category

tag

Search

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Link

BLOG LINK

QR Code for mobile

QRコード

Profile

you+


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。