スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

インド戦 印象に残ったのは


Life is Asian Cup 2007

インド戦で印象に残っているのは中村憲剛と犬。
後半40分過ぎ、ピッチに乱入してきたあの犬はシンプソンズに出てくる
サンタズ・リトルヘルパー・・・のモデル?

「今日のような試合では満足できない。ここで満足したら進歩が
止まってしまう」
試合後のオシム監督のコメント。

今年2月、ジーコジャパンがホームでインドと対戦した時は6-0の快勝。
オシムジャパンはまだ発展途上のチーム、さらにコンディションの悪いピッチ、
そういう要素を考慮すると、3-0という結果は納得のいくものだけど
決して満足できる内容ではなかった。
さらに3点目の中村憲剛の目の覚めるようなミドルシュートがなければ、
不満の残る試合になっていたかもしれない。

◆関連記事
試合終了後のオシム監督コメント  J's GOAL
◆関連ブログ
サッカー、日本代表に関するブログ 「ブログランキング」

試合の実況の中でも少し触れられていたけど、インドのサッカーには輝かしい
歴史がある。1950年代にはアジア大会を制し、オリンピックで4位という
成績を残した。W杯出場権も獲得していたにも関わらずFIFAが裸足での
プレーを禁止した為出場資格を失うことになった。

こんなに歴史もあって、サッカー熱の高いインドなのにどうして代表のレベルは
上がらないのだろう?今日のトラブル続きの試合を見ていれば何となく理由は
分かるような気もするけど。

「ガーナのような強い相手と試合をすれば収穫はあるが、今日の試合から
得られるものは何もない」

オシム監督はインド戦をこう振り返った。
日本代表が強くなる為にもアジアサッカー全体のレベルアップが必要。

と、偉そうに言えるのもアジアカップ出場を決めた今だから。
サウジアラビア、イエメンに苦しめられたのはほんの1ヶ月前のことだった・・・

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング

スポンサーサイト



  1. 2006/10/12(木) 02:03:16|
  2. AFC Asian Cup 2007|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:1

コメント

こんばんは。
あの犬はすっかり人気者になりましたねw
その話題がとりあげられるくらい昨日のオシムジャパンには見所がなかったということでしょうか。これといって収穫もなかったですしね。まあ無失点で3得点ですから及第点なんですかね?
  1. 2006/10/13(金) 00:46:43 |
  2. URL |
  3. てつ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lifeis14.blog45.fc2.com/tb.php/222-c9582e4e

ガーナ、インド2連戦!

 サッカー日本代表は、キリンチャレンジカップ2006のガーナ戦(10月4日)とAFCアジアカップ2007予選となるインド戦(10月11日)に臨みます。  オシム監督は、先のイエメン戦後の会見で、今後は若手選手を起用していく意向を示しています。川崎のMF谷
  1. 2006/10/13(金) 12:37:14 |
  2. 日本代表蹴球宣言
03月 « 2017年04月 » 05月
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
  • J.B.A
  • Add to Google
  • RSS

Recent Entries

Category

tag

Search

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Link

BLOG LINK

QR Code for mobile

QRコード

Profile

you+


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。