スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ジーコが残してくれたこと、残せなかったこと


Life is World Cup 2006 !!

試合のオッズの前に26日に退任記者会見を行ったジーコの話題から。

「悔いも恥もない。全身全霊を打ち込めた」

ジーコが日本のサッカーに関わった15年間の集大成。
結果はどうであれ、ジーコは持ちうる全ての力を日本の為に尽くしてくれたと思う。

「名前負けしていたチームにも劣等感を抱かない自信を植えつけられた」

日本のサッカーに残したものは?の問いにこう答えた。

選手の自主性を尊重し、個人の技術を高く評価した。
日本代表が自信を持って強豪国との試合に臨めるようになった事は事実。
でもその技術に自信を持つあまり、失ってしまったものがあるような気がする。

日本が初めて出場した98年フランスW杯。
アルゼンチンに1-0で敗戦した翌日の英紙(おそらくTimes)の記事。

「Argentina win but Japan show fighting spirit」
(アルゼンチン勝利。しかし日本は戦う気持ちを見せた)

体格的にも技術でも経験でも劣る当時の日本代表が
武器にできるものはこれしかなかった。
「戦う気持ち」
勝利にこだわる姿勢、最後まで諦めない気持ち。
今回のW杯ではごく一部の選手にしか見られなかったこと。

メディアは次期監督候補のオシムの話題で持ちきりだけど、
その前にジーコが残してくれたもの、そしてジーコジャパンに足りなかったこと、
それをきちんと考える必要があると思う。

「戦う気持ち」を持ったチーム・・・
いなくなってしまったけどコートジボワールスウェーデンメキシコ
そして今日、優勝候補ブラジルと対戦するガーナ

2006.6.27 1:30現在(Ladbrokes.com)

result odds
ブラジル 1.11
ガーナ 6.00

オッズは圧倒的にブラジル有利だけど、
ガーナがチェコに勝利した試合と同じような展開に持ち込めば、
ブラジルも簡単に試合を進めることはできないはず。

◆関連記事
ガーナvsチェコ(FIFAworldcup.com)
「ガーナの思い切ったプレーは、世界中の人の励みになった」

◆関連エントリー
ブラジル代表 「W杯オッズ1 ブラジル編」
W杯優勝予想 「W杯優勝オッズ 6/24版」

◆W杯、サッカーに関するブログ 「人気ブログランキング」

たとえガーナが負けたとしても、
「ブラジル勝利。しかしガーナは戦う気持ちを見せた」
こんな試合展開を期待。

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング

スポンサーサイト



  1. 2006/06/27(火) 01:56:36|
  2. World Cup 2006|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lifeis14.blog45.fc2.com/tb.php/137-7618afb7

日本代表監督にふさわしい人物とは?

 ワールドカップはまだまだ続いていますが、これだけ日本を騒がせている話を無視するわけにはいきません。  みなさんご存知のように、日本代表監督の第一候補(そして唯一の候補)としてジェフ千葉のオシム氏の名前が挙がっています。最近では、「オシムで決まり」という
  1. 2006/06/27(火) 18:43:51 |
  2. 24時間蹴球宣言
08月 « 2017年09月 » 10月
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  • J.B.A
  • Add to Google
  • RSS

Recent Entries

Category

tag

Search

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Link

BLOG LINK

QR Code for mobile

QRコード

Profile

you+


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。