スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

EURO2008優勝オッズ 6/22版(2)


Life is EURO2008

アルシャビン、アルシャービン、アルシャーフィン

と書いておくとアクセスも増えるかな・・・
カタカナ表記も定まらない無名の選手が(もちろん以前から注目選手ではあったのだけど)、日本だけでなく海外のサイトでもトップページを飾っている。

独特のリズムのドリブル、ボディバランス、そして何よりも試合が進むにつれて疲れを見せる選手が多い中、1人その特徴をさらに際立たせるというスタミナ。もっともっと見ていたい選手だった。もっと見たいという点では何度かFKやミドルで不思議な軌道のシュートを放ったコロディンもその1人。

27歳、172cmの小柄なFWアルシャビンに世界のクラブも注目しない訳がない。TEAMtalkによればイタリア、スペイン、フランス、ドイツ、イングランドのいくつかのクラブが彼に興味を示しており、移籍金はおよそ42億円!また、SkySportsではプレミアリーグのアーセナル、マンチェスター・シティ、ニューカッスルなどが獲得の準備をしていると伝えている。

もちろんあの人が欲しがらないはずはないでしょう。
この中にチェルシーの名前が加わるのも時間の問題。

強豪オランダに臆することなく立ち向かい、勝つべくして勝ったロシア。昨日までの優勝オッズではトルコよりもさらに高い13倍。最新のオッズが気になるところ

2008.6.22 19:00現在(Ladbrokes.com)

team odds
ドイツ 2.50
ロシア 4.00
スペイン 4.50
イタリア 5.50
トルコ 11.00

昨日までドイツの下にいたオランダの位置にオッズもそのままにロシアが入った。

グループリーグで多くの人を魅了した美しい攻撃サッカーがもう見られないのは悲しい。試合中の解説でもあったけど、1ヶ月間チームの好調をキープするのは難しいこと。今日のような試合でもなんとか失点せずにセットプレーのわずかな1点を守って勝利するような戦いができなければ、オランダが優勝常連国に名を連ねるのは難しいのかもしれない。そんなサッカーをしないからオランダファンが多いのだろうけど。

◆関連記事
「名将ヒディンクのコンプレックス」 NumberWeb
「“オランイェ”はなぜ敗れたのか」 スポーツナビ

大会前にベスト4の中にトルコやロシアが入っていると予想した人はどれくらいいただろう。どんな大会でもサプライズを起こすチームがある。でも連日のサプライズは予想できなかった。

ここまでくると決勝戦のカードも気になってくる。

2008.6.22 19:00現在(WilliamHill)

finalists odds
ドイツ×ロシア 3.00
ドイツ×スペイン 3.40
ドイツ×イタリア 4.00
トルコ×ロシア 9.00
トルコ×スペイン 10.00
トルコ×イタリア 11.00

まさかのトルコ×ロシア!今の状況ならまさかとは言えない。

2002年W杯の韓国、2006年W杯のオーストラリア、そして今大会のロシア。
フース・ヒディンクの率いたチームには超一流のプレーヤーはいなかった。
それでも世界中が驚くような結果を残している。

ヒディンクサッカーと言えばまずは運動量の多さ、そしてピッチにいる選手が誰一人さぼることなく守備に攻撃に規律をもって動いているイメージがある。今回のロシアは上に挙げたアルシャビンを筆頭に何人かのクリエイティブな選手のおかげでさらに面白いサッカーになっていた。

・超一流の選手はいないけど、持久力のある選手はいる。
・規律を守る国民性。
・フィジカルは強くないけどクリエイティブな選手もいる。

こんな特徴を持った代表が今雨の中で試合をしていますが・・・
ヒディンクさんどうですか?

サッカー



スポンサーサイト

  1. 2008/06/22(日) 19:40:39|
  2. EURO2008|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

EURO2008優勝オッズ 6/22版


Life is EURO2008

奇跡
「常識で考えては起こりえない、不思議な出来事・現象」

奇跡の同点弾、奇跡の勝利・・・
色々と言われているけど自分はトルコの勝利は奇跡だったとは思わない。

90分戦っても決着がつかず延長戦へ突入。
肉体的にも精神的にも限界を迎える延長戦後半、その終了間際に先制されれば
サポーターも選手達も普通は諦めてしまうのかもしれない。

でもグループリーグで2度も逆転劇を演じていたトルコは違った。 クロアチアのゴールから
わずか3分後、当然のようにゴールを決めPK戦の勝負に持ち込んだ。
時間帯だけ見ればサッカーの試合においては奇跡かもしれないけれど、
あれはトルコの選手達の諦めない気持ち、強い精神力がもたらした必然のゴール。

試合を通して気になったトルコの攻撃への消極性はどうかとは思うけれど、
準々決勝の中で唯一渋めのカードになった(と勝手に思っていますが)
クロアチア×トルコ戦を大いに盛り上げてくれたことは事実。
もちろん死闘を戦いぬいたクロアチアにも拍手を送りたい。

さてそんなトルコですが、この試合の前までの優勝オッズでは23倍という
最高オッズでした。劇的勝利を収めた今オッズはどうなっているかというと・・・

2008.6.22 1:00現在(Ladbrokes.com)

team odds
ドイツ 2.50
オランダ 4.00
スペイン 5.00
イタリア 6.50
トルコ 11.00
ロシア 13.00

オランダ、スペイン、ロシアは昨日と変わらず。トルコは23倍→11倍の大躍進。
その影でドイツのオッズが3.25→2.50に変化しているのは、準決勝の対戦相手が
グループリーグで敗れたクロアチアではなくトルコに決まったことが影響しているのだろう。

◆関連記事
「トルコ、3度目の逆転劇でベスト4進出」 euro2008uefa.com
「愛され、敗れ去ったビリッチ」 スポーツナビ

3時間後にはオランダ×ロシアのキックオフを迎える。
オランダサッカーファンにはたまらない一戦。
ヒディンクファンにもたまらない一戦
そんな人はいませんか??

どちらにしても120分にも及ぶ膠着した何とも言えない試合を見た後なので
美しい攻撃とめまぐるしい展開の好ゲームを期待したい。

サッカー




  1. 2008/06/22(日) 01:02:18|
  2. EURO2008|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
08月 « 2008年06月 » 07月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
  • J.B.A
  • Add to Google
  • RSS

Recent Entries

Category

tag

Search

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Link

BLOG LINK

QR Code for mobile

QRコード

Profile

you+


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。