スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

CL 準々決勝組合せ決定!


Life is Champions League

さきほど終わったばかりのCL準々決勝組合せ抽選。
uefa.comで中継を見ていた限りでは特に歓声も驚きの声もなく淡々と行われた
感じだった。CLの常連クラブばかりだし、毎年のことなのでまあこんなものかな?

それでは準々決勝の日程と対戦カードです。

2006/2007 UEFA Champions League
◆準々決勝 第1戦4/3-4日、第2戦4月10-11日
1.ミラン×バイエルン・ミュンヘン
2.PSV×リバプール
3.ローマ×マンチェスター・ユナイテッド
4.チェルシー×バレンシア
◆準決勝 第1戦4月24-25日、第2戦5月1-2日
4の勝者×2の勝者
3の勝者×1の勝者

決勝戦は5月23日アテネで行われる。

「プレミア勢は今勢いがあるので避けたい、また同じイタリアのクラブとして
共に勝ち進みたいのでローマとも対戦したくない」と言っていたガットゥーゾ
にとってはなかなかいいドローだったのでは?

ミランとバイエルン・ミュンヘンの対戦で思い出すのは昨シーズンの
決勝トーナメント1回戦。バイエルンホームで1-1のドローのあとサンシーロで
ミランが4-1と圧倒的な強さを見せた試合。

◆関連記事
「ミランとバイエルンが準々決勝で対戦」 uefa.com

抽選前から話題になっていたプレミア対決もセリエA対決も準々決勝では
かなわなかったけど、準決勝の組合せを見ると、チェルシー×リバプール
ミラン×ローマというのもありえる。アーセナル戦でオウンゴールと決勝ゴールを
叩きだし、今注目を浴びているPSVのDF、アレックスの移籍問題もあるので
PSV×チェルシーというのも面白そう。
でも個人的には決勝戦でミラン×チェルシーが見れれば満足です。

ところで、この組合せ抽選の中継は確かライブだったはずだけど、抽選が終わるや
いなや、uefa.comでは準々決勝の展望の記事が掲載されるし、各クラブも一斉に
抽選の結果をリリースした。あまりの早さに「この抽選って・・・」と疑いたく
なる気持ちを抑えて、優勝オッズでも見に行ってこよう。



スポンサーサイト

  1. 2007/03/09(金) 20:29:24|
  2. 06-07 Champions League|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

祭りのあと-CLベスト8が決定


Life is Champions League

「この試合を審判についての新聞の見出しなどで台無しにしたくない。
今夜の試合は選手達、そして両チームのサポーターのものだ」

ヤロシクのシュートを明らかなハンドで防いだマルディーニ、そしてペナルティ・
エリア内で倒された中村俊輔。この2つはセルティックにPKが与えられるべき
場面だったのでは?という質問に対するストラカン監督のコメント。

監督ではないけど、この気持ちはすごくよく分かる。どんなに周りが騒いでも
判定が覆ることはない。審判の過失に警笛を鳴らしておくことは大事だけど、
それよりもまず勇敢に戦った選手達、そして敗戦後もマフラーを掲げて応援を
続けていたセルティックサポーターのことを記事にしてほしい。

昨日の試合を終えてCLベスト8が出揃った。昨日は結局ミラン×セルティック戦
しか見れなかったけど、裏ではいろいろなことが起こっていた。

「THE LARSS HURRAH!」-The Mirror
マンチェスター・ユナイテッド (1-0) リール

ミラー紙の一面を飾ったのは「ラーション万歳!」の文字。
ヘルシンボリから3ヶ月の期限付移籍で今週末にもユナイテッドを去るラーション。
この試合では決勝ゴールを決め、ユナイテッドを見事ベスト8へ導いた。
このゴールは「ラーションからサポータへの最高のお別れ」とも書かれている。

「Sno your fault」-Evening Times
ミラン (1-0) セルティック

「スノ、君の責任だ」
随分辛らつな見出しだなと思いながら記事を読むと、実は「(S)no your fault」
(君の責任じゃない)
という意味だった。うまいなぁ。

◆関連記事
「Sno your fault」 Evening Times
「GUNNERS BLUE IT AGAIN」 Mirror.co.uk

延長前半、セルティックMFスノのボールを奪ったカカがドリブルで持ち上がり
あっさりと決勝ゴールを決めた。この件についてレノンマクマナスが「スノに
責任はない」というようなコメントを残している。今一番波に乗っている(と思う)
カカが相手では誰もこの19歳のMFを責めることはできない。スノは良くも悪くも
試合を面白くしてくれる選手。今後の成長に期待したい。

「GUNNERS BLUE IT AGAIN」-The Mirror
アーセナル (1-1) PSV

ベスト16でCLから姿を消すことになって"BLUE"になったアーセナル。そして
"BLUE IT AGAIN"には「またチェルシーにやられた」という意味でしょうか?
アーセナルの1点はPSVのブラジル人DFアレックスのオウンゴール。そして
PSVの1点もそのアレックスによるもの。

アレックスはPSVとチェルシーが合意の下に獲得した選手でチェルシーに加入する
前に2シーズン、PSVでプレーする契約になっている(公式にはチェルシーの選手)。

アーセナルといえば先日カーリングカップ決勝戦でチェルシーに敗れたばかり。
PSV戦後のヴェンゲル監督のコメントを見ると怒りの矛先はそのチェルシーに・・・

「チェルシーは最高の選手を獲得するだけのお金がある。特に新しい情報
じゃないだろ?ルールはよくわからないけど、こんな形でチェルシーは他にも
選手を所有しているのではないかと思う」

カーリングカップタイトルを失い、FAカップも敗退、そしてCLまで・・・
さらに追い討ちをかけるようにアンリがまた負傷。
今シーズンは(も)アーセナルは無冠か・・・

セルティックもアーセナルもバルサもいなくなって、気分はすっかり「祭りのあと」
だけど、準々決勝の組合せ抽選は9日、日本時間の午後8時に行われる。
もう一度気持ちを入れ替えてCLを楽しもう。




  1. 2007/03/09(金) 06:54:00|
  2. 06-07 Champions League|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
02月 « 2007年03月 » 04月
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
  • J.B.A
  • Add to Google
  • RSS

Recent Entries

Category

tag

Search

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Link

BLOG LINK

QR Code for mobile

QRコード

Profile

you+


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。