スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

C ・ロナウドはどこへ行く・・・


Life is football

冬の移籍ウィンドウが閉じたかと思えばもう夏の移籍の話。

「半年後自分がどこにいるかは分からない」

かねてから噂があったC・ロナウドのスペインへの移籍。噂というより本人が
望んでいたようだけど。

ここにきてレアルが獲得へ向けて6000万ユーロを用意したとか、
昨日のブラジルとの親善試合にバルサがスタッフを派遣したとか、
早くもC・ロナウド争奪戦が始まっている。

同じくレアルとバルサが獲得を狙っているアンリは移籍の噂を
「僕のハートはアーセナルサポーターと共にある」と否定したのに対して
C・ロナウドは「半年後、どこにいるかは分からない」と答えた。

この発言を受けてLadbrokesでは来シーズンのC・ロナウドの所属クラブを
予想するbetが始まった。

2007.2.8 0:00現在(Ladbrokes.com)

club odds
マンチェスター・ユナイテッド 1.80
バルセロナ 3.25
レアル・マドリー
その他のクラブ

ユナイテッドのファーガソン監督がロナウドの移籍話が出る度に「世界中の
お金をかき集めても彼は手放さない」
とコメントしていることから、
来シーズンもユナイテッドでプレーする、というのが大方の予想。

ただし、C・ロナウドの代理人が明かした話によると昨年の夏、バルサに移籍
させようと話を持ちかけたが、バルセロナがアンリと契約する予定があるとして
断ったという事実もある。

◆関連記事
「Ronaldo cagey on United future」 TEAMtalk.com
「C・ロナウド目指すは世界の名手」 uefa.com
◆関連ブログ
サッカーに関するブログ 「サッカーブログランキング」

「彼のキャリアでの基礎的な学習は終わった。クリスティアーノは環境を
変える準備ができている」

そう語ったのはポルトガル代表スコラーリ監督
スコラーリは移籍先にバルセロナを勧めている。理由は「個性は違っても
ロナウジーニョと完璧に共存できるから」
としている。
「さらにバルセロナの天候がC・ロナウドに向いている」とも。

よく意味が分からないけど、長年あの問題児?をコントロールしてきた監督だけに
思うところがあるのでしょう。

クラブに加入してほしい選手は?というバルセロナサポーターによる投票でも
C・ロナウドが見事1位に選ばれたらしい。

C・ロナウドがバルサのユニフォームを着る日もそう遠くはない気がしてきた。
夏の移籍市場はまた盛り上がりそう。

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング

スポンサーサイト

  1. 2007/02/07(水) 23:59:26|
  2. football|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

無観客試合で再開


Life is football

「観客なしのカルチョなんてあり得ない。中断している方がマシだ」

"安全基準に満たないスタジアムでは無観客で試合を行う"という
イタリアサッカー協会と五輪委員会の提案に対してサンプドリアのフラーキは
こうコメントした。

この意見にはほぼ同意。観客のいない試合ほどつまらないものはない。
ただ、そうも言ってられない理由もある。
週末の試合が中止になったことで23億円もの損失が出ていることも事実。

サッカー協会と五輪委員会はリーグ戦再開の為にいくつかのルールを定めた。
これを水曜日に政府に提出し、そこでリーグ戦再開の日程が決定する。

このルールはACミラン公式サイトに「THE PROPOSAL」として掲載されています。
そのACミランのホーム、サンシーロは安全基準を満たしてないとか・・・

以下、Goal.com記事の抜粋です。

セリエA、観客への開放は15チーム(ガゼッタ・デッロ・スポルト紙)

観客を入れての試合開催
◆「基準を満たした」スタジアム
セリエA: ラツィオ、パレルモ、ローマ、シエナ、トリノ
セリエB: ボローニャ、ユヴェントス
◆「ほぼ基準を満たした」スタジアム
セリエA: カリアリ、エンポリ、メッシーナ、パルマ、レッジーナ、サンプドリア
セリエB: バーリ、ジェノア、レッチェ、モデナ
◆「工事進行中」のスタジアム
セリエA: フィオレンティーナ、インテル、リヴォルノ、ミラン
セリエB: スペツィア

無観客試合として開催
◆「計画承認済み」のスタジアム
セリエA: アスコリ、アタランタ、カターニア、キエーヴォ、ウディネーゼ
セリエB: アルビーノレッフェ、ブレッシァ、ナポリ、ペスカーラ、
ピアチェンツァ、トリエスティーナ、ヴィチェンツァ
◆「収容人数減」のスタジアム
セリエA: なし
セリエB: アレッツォ、チェゼーナ、クロトーネ、フロジノーネ、マントヴァ、
リミニ、トレヴィーゾ、ヴェローナ

同じスタジアムでも違うカテゴリになっているのはなんでだろう?

観客を入れての試合開催になっていても"ほぼ基準を満たしている"
"工事進行中"の場合は一部のセクションのみ解放されることになる。
最初に除外されるのはアウェイ席だとは思うけど。

◆関連サイト
カターニア公式サイト Calcio Catania.it ←再開してます
◆関連記事
「THE PROPOSAL」 ACMilan.com
◆関連ブログ
サッカーに関するブログ 「サッカーブログランキング」

気になるのはセリエBのほとんどのスタジアムが無観客試合に指定されていること。
元々財政的に余裕のないクラブが入場収入がなくなってもやっていけるのだろうか?
さらに、年間パス購入者への払い戻しなどの配慮があるのかどうか?
気になることはたくさんあるけど、とりあえず今一番気になるのは
この試合は無事に開催されるのか、ということ。

3月7日 20:45 CL決勝トーナメント ACミラン×セルティック

2/20にセルティックホームで第1戦を行い、第2戦が"工事進行中"の
サンシーロ(ジュゼッペ・メアッツァ)。
抽選後からずっとこの日を楽しみにしていたのに、ガランとしたスタジアムでの
試合にはなりませんように・・・

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング



  1. 2007/02/07(水) 00:35:05|
  2. football|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
01月 « 2007年02月 » 03月
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
  • J.B.A
  • Add to Google
  • RSS

Recent Entries

Category

tag

Search

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Link

BLOG LINK

QR Code for mobile

QRコード

Profile

you+


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。