スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

続・プレイバックW杯2006 決勝トーナメント編


Life is World Cup 2006 !!

前回の続き。

6.24 今大会最高のゴール
決勝トーナメント1回戦アルゼンチン×メキシコ戦でそのゴールは生まれた。
1-1のまま突入した延長前半、左サイドのソリンが大きく右へサイドチェンジ。
そのボールを受けたマキシ・ロドリゲスは胸でトラップしたボールを迷わずシュート。
誰もが意表をつかれたきれいなゴールだった。
◆写真: ゴールを決めるロドリゲスその時マラドーナは

6.25 イエロー16枚、退場者4人
カードが乱れ飛びW杯最多となる4人の退場者を出したのはポルトガル×オランダ
退場者特設ベンチ?でデコファン・ブロンクホルストが語り合う場面も。
◆写真: もめる選手達1もめる選手達2もめる選手達3

6.26 終了間際のPK
0-0のまま延長に突入すると思われたイタリア×オーストラリア。ロスタイムに
トッティがPKを決めてイタリアが劇的な勝利を収めた。この試合で何よりも
覚えているのはPKの場面でオーストラリアのベンチ前へ行きヒディング監督と
PKを見守ったガットゥーゾ。この辺りからにわかにガットゥーゾブームが始まり、
「ガットゥーゾ」検索のみで1日200アクセスを越えていた頃。
◆写真: ゴール後のトッティヒディングとガットゥーゾ

6.27 ガーナの挑戦
"死のグループ"となったグループDを勝ちあがり、決勝トーナメント初戦で
ブラジルと対戦したガーナ。サプライズを起こすことはできなかったけど、初出場で
果敢にブラジルに立ち向かった姿は印象的だった。
◆写真: ボールに飛びつくガーナ選手

6.30 レーマンとカーンの固い握手
ドイツ×アルゼンチン、PK戦の前にレーマンを励ますカーン。別に普通のこと
だけど、大会前から正GKの座を争い目もあわせないほどの険悪な雰囲気だった
この2人の固い握手は特別。
◆写真: カンビアッソのPKを止めるレーマン

◆関連サイト
W杯公式サイト FIFAWORLDCUP.com
スポーツナビW杯特集 sportsnavi.com
◆関連ブログ
サッカーに関するブログ 「サッカーブログランキング」

7.1 イングランドのジンクスは続く・・・
2002年W杯でブラジルに敗れ、EURO2004ではポルトガルにPK戦の末
敗れ、そして2006年W杯ではまたしてもポルトガルに・・・2002年以来
イングランドはスコラーリ率いるチームに敗れて大会から姿を消している。ルーニー
のレッドカード、ベッカムの涙、リカルドのスーパーセーブ、見所満載の試合だった。
◆写真: 退場時のルーニーベッカム号泣
参照エントリー:2006.7.2 「ジンクスは続く・・・」

7.4 『感情がほとばしるような素晴らしい試合だった』
準決勝ドイツ×イタリア、イタリアの1点目を見事なパスでアシストしたピルロ
試合後のコメント。個人的にこの試合は今大会のベストゲーム。中でもピルロの
グロッソへのパスは朝から鳥肌ものだった。
◆写真: ゴールを決めたグロッソとピルロ涙のバラック

7.8 『自分のキャリアの中で最も辛いW杯だった』
3位決定戦で初めて地元開催のW杯に先発出場したカーンのコメント。控えで
チームを見守ってきて、最後の最後に印象に残る活躍をした。
日本代表より先に3位決定戦のピッチに立った上川主審も冷静に試合を裁いた。
◆写真: 試合後のカーンとフィーゴカードを出す上川主審

7.9 予想外の結末
ジダンのラストゲームがあんな結末になったとしても、ジダンが偉大な選手だった
ことに変わりはない。そして優勝したイタリア、キャプテンのカンナバーロ
「働き者のチームだった」と言うようにとにかくよく走り、全員で守備に攻撃に
奮闘した。このW杯での12得点が11人の異なる選手から生まれているのも
そのことをよく表している。
◆写真: ピッチを去るジダン優勝の瞬間ガットゥーゾとマテラッツィ
参照エントリー:2006.7.10 「自らトロフィーを手放したジダン」

こうしてふり返ってみるとやっぱりいいW杯だった。
今後語り継がれるような選手達のラストプレーを、そこで起こった出来事を目撃した。

「ALL FOR 2010!」
先日決定した2010年W杯へ向けての日本代表キャッチフレーズ。
もう次のW杯へ向けて動き出している。

今年1年このブログを見ていただいた方、コメント、トラックバックを下さった
みなさん、本当にありがとうございました。
2007年も皆さんにとっていい1年になりますように。
そして今年以上にいい試合をたくさん見れますように。

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング

スポンサーサイト

  1. 2006/12/30(土) 20:09:36|
  2. World Cup 2006|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

プレイバックW杯2006 グループリーグ編


Life is World Cup 2006 !!

6.9 強烈なミドルシュートで幕開け
ドイツW杯はフィリップ・ラームのゴールで幕を開けた。ミドルシュートが
多く生まれたこの大会を象徴するかのようなゴール。ちなみに開幕戦の
ドイツ×コスタリカでコスタリカの2ゴールを挙げたのはFC東京へ移籍が
決まったワンチョペ
◆写真: ラームのゴール

6.12 8分で3失点
監督、選手、サポーター、誰も予想しなかったことが日本×オーストラリア戦の
試合終了間際におこった。ヒディングのガッツポーズは忘れられない。
◆写真: 試合後立ち尽くす宮本恒靖

6.15 ウェイン・ルーニー参上
ケガの為出場が危ぶまれたルーニーがトリニダード・トバゴ戦の後半に出場。
W杯初出場、"出場"というより"参上"の方がルーニーっぽい。
◆写真: 交代前にピッチをにらむルーニー

6.16 メッシ 世界にデビュー
アルゼンチン×セルビアモンテネグロ戦後半からピッチに登場したメッシ。
交代3分後にはクレスポのゴールをアシスト、そして終了間際には見事にゴール
を決め、世界にその存在を知らしめた。6-0の快勝にスタンドで見守るマラドーナ
のテンションもあがりっぱなし。
◆写真: ゴール後のメッシマラドーナはしゃぎ過ぎ

◆関連サイト
W杯公式サイト FIFAWORLDCUP.com
スポーツナビW杯特集 sportsnavi.com
◆関連ブログ
サッカーに関するブログ 「サッカーブログランキング」

6.22 ネドヴェドの短い夏
優勝候補にも挙げられたチェコがこの日イタリアに敗れ、グループリーグ敗退
が決まった。ドイツW杯がネドヴェドにとっては最初で最後のW杯となった。
◆写真:試合後のネドヴェド

6/22 ブラジルはブラジル
日本×ブラジル戦前半、日本らしい攻撃の形から玉田がゴールを決めた時には
まだ希望は残っていた。終わってみれば4失点、ブラジルはやっぱりブラジル。
ジュニーニョ・ベルナンブカーノの無回転シュートが今も印象に残る。
◆写真:試合後の中田英寿

6.23 流血ゴール
韓国戦でヘディングゴールを決め喜ぶセンデロスの顔から血が滴り落ちる。
この映像は衝撃的だった。スイスはフランスを抑えグループリーグを首位で通過、
無失点で決勝トーナメントに進むという偉業を成し遂げた。
◆写真: センデロスのヘディングゴール後のセンデロス

6/23 初出場で決勝トーナメントへ
W杯初出場のウクライナがこの日決勝トーナメント進出を決めた。初戦でスペイン
に4-0と大敗したときにはどうなることかと思ったけど・・・
◆写真: 試合後のシェフチェンコ

ブラジル、アルゼンチン、ドイツ、イングランド・・・
優勝候補が順調に決勝トーナメント進出を決めた。一方でオーストラリア、ガーナ、
ウクライナが初のグループリーグ突破。若い選手を中心に波に乗るスイスも
侮れない。アルゼンチンが勝利する度にますます調子に乗るマラドーナも侮れない。
どうなる決勝トーナメント?

続きは次回(今年中に)・・・

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング


  1. 2006/12/30(土) 03:00:40|
  2. World Cup 2006|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
11月 « 2006年12月 » 01月
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
  • J.B.A
  • Add to Google
  • RSS

Recent Entries

Category

tag

Search

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Link

BLOG LINK

QR Code for mobile

QRコード

Profile

you+


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。