スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

メッシのいないクラブW杯


Life is football

アジアユースも終わって、次の楽しみは来月のクラブW杯・・・
と思った矢先にこのニュース。

「バルサのメッシが骨折、クラブW杯出場も絶望的に」

12日にカンプノウで行われたサラゴサ戦、その前半8分に足を踏まれたメッシ。
痛みをこらえながらプレーを続けたものの前半20分には痛みに耐えきれず
交代。診断の結果、左足第五中足骨を骨折しており近いうちに手術を行う予定。
復帰までに要する時間は約3ヶ月。

倒れたまま立ち上がれず自らスパイクを脱ぎ出した時には軽いケガではないことが
分かった。それでもこんなに長引くとは・・・

足の甲にある第五中足骨、ここをケガするサッカー選手はほんとに多い。
2002年W杯直前のベッカム、そしてドイツW杯前にはルーニーが同じ場所を
ケガして世界中のファンをハラハラさせた。2人の骨折は第五だったか
第四だったか覚えてないけど。ベッカムもルーニーも酸素テントや最新の技術を
駆使してなんとかW杯には間に合った。日本でメッシを見たい気持ちはあるけど
まだまだ先が長い選手なので無理せずじっくり治してほしい。

◆関連記事
「メッシが骨折、3ヶ月間戦線離脱」 FCBarcelona.com
◆関連エントリー
クラブW杯 「クラブW杯 大会日程決定!」
メッシ 「続・Messi!」
◆関連ブログ
サッカーに関するブログ 「サッカーブログランキング」

バルサは開幕から絶好調だったエトーが離脱、そしてサラゴサ戦ではメッシに
加えエジミウソンも捻挫。エトー、メッシの復帰の見込みが来年なのに対して
エジミウソンは10日前後で戻れる予定、よかった。

クラブW杯も気になるけど、その前にバルサにはやらなければいけないことがある。
CLグループリーグ突破。現在バルサはグループAでチェルシー、ブレーメンに
次いで3位。2試合を残してチェルシーとの勝点差は5、ブレーメンとは2。

11/22(水) レフスキ・ソフィア戦(アウェイ)
12/5(火) ブレーメン戦(ホーム)

特に12/5のブレーメン戦がバルサにとって重要な試合になる。
もちろんメッシは出場できない。それでもバルサにはロナウジーニョがいる、
デコがいる。サビオラもグジョンセンもプジョルもザンブロッタも・・・
と言い聞かせて落ち着こう。

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング

スポンサーサイト

  1. 2006/11/13(月) 23:16:35|
  2. football|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

届かなかったアジア王者


Life is youth championship

PKで決まる決勝戦は後味が悪い。W杯決勝戦もそうだったけど。
今日の試合に関して言えば、延長戦まで戦った時点で日本の負けは決まっていた
ような気がする。チームとしても、1対1でも完全に日本が負けていた試合だった。

アジアユース決勝 北朝鮮戦メンバー

GK
1林 彰洋(流通経済大)
DF
2内田篤人(鹿島) 3堤俊輔(浦和) 4福元洋平(大分)
MF
7梅崎司(大分) 8田中亜土夢(新潟) 15柏木陽介(広島)
24青山隼(名古屋) 26森重真人(大分)
FW
9森島康仁(C大阪) 17青木孝太(千葉)
◆交代
森島→16ハーフナーマイク(横浜FM) 青木→20伊藤翔(中京高校)
森重→14柳澤隼(柏)

韓国戦で退場になった槙野の位置に青山が入り、ボランチに森重、そしてここまで
先発メンバーに名を連ねていた河原に代わり好調の青木がスタメンに。

前半3分、北朝鮮のロングシュートが決まる。DFもGK林も予想できなかった
シュート。この後も北朝鮮は後半、延長前半、延長後半と試合が始まって
ボールが落ち着く前に必ずミドルシュートを打つということを徹底してやっていた。

1-0のまま試合が進み、前半33分、ゴール前で柏木がDF2人を交わしシュート。
柏木の個人技で取った1点。この時点では日本が逆転優勝で、柏木が大会MVP
などと考える余裕もあった。

1-1のまま後半、そして延長戦へ。前半から飛ばし気味だった北朝鮮の足が
止まってきた印象はあったけど、それでもボールを持った選手へのプレッシャー、
こぼれ球への対応は北朝鮮の方が上だった。客観的にこの試合を見たとしたら
北朝鮮の必死さと気持ちを感じるプレーで北朝鮮を応援していたかもしれない。

◆関連サイト
AFCユース選手権2006公式サイト AFC.com
◆関連ブログ
サッカー、日本代表に関するブログ 「サッカーブログランキング」

PK戦は日本は準決勝の韓国戦で経験しているだけに有利に思えたけど、終わって
みれば5-3、日本は1人目の梅崎が外し、ハーフナーマイク、伊藤翔、田中
決めた。一方の北朝鮮は5人目まで全員が成功。

最初から最後まで北朝鮮のたくましさを感じる試合だった。体が決して大きい
わけではないけれど、当たりに強いし、どんな体勢からでも強烈なシュートが打てる。
ユニフォームの替えが用意されていなかったのか、泥だらけになったユニフォームを
後半も延長になっても着続ける。北朝鮮のサッカーには詳しくないけど、日本ほど
環境も育成の為の人材も揃っているとは思えない。それでもアジアを制覇した。

アジアユース最大のライバルと思えた韓国に勝っても日本は優勝できなかった。
それでも収穫はあった。インドのような環境に長い期間滞在し、試合を行った
ことはこれからオリンピック予選、アジアカップを戦う上でもいい経験に
なっただろうし、準決勝、決勝とPK戦までもつれこみプレッシャーのかかる中で
精神的にも成長できたと思う。

この悔しさを来年のU-20W杯につなげてくれることを期待して・・・

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング


  1. 2006/11/13(月) 02:51:06|
  2. AFC Youth Championship 2006|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5
10月 « 2006年11月 » 12月
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
  • J.B.A
  • Add to Google
  • RSS

Recent Entries

Category

tag

Search

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Link

BLOG LINK

QR Code for mobile

QRコード

Profile

you+


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。