スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

U-19 初のアジア制覇を目指して


Life is youth championship

週末の"大一番"の疲れが残る月曜日。
そんな中、U-21は「公園で練習後に銭湯へ」、U-19は「アジアユース
選手権のためインドへ出発」
観戦疲れしている場合じゃない。

29日からインドで開催される「AFCアジアユース選手権」、来年のU-20W杯
出場権を獲得することはもちろん、初のアジア制覇への期待もかかる。
期待を背負ってインドへ旅立った21人の皆さん。

GK
林 彰洋(流通経済大)  武田洋平(清水)  桐畑和繁(柏)
DF
福元洋平(大分)  柳川雅樹(神戸)  槙野智章(広島)
堤俊輔(浦和)  内田篤人(鹿島)  香川真司(C大阪)
MF
梅崎司(大分)  森重真人(大分)  柳澤隼(柏)  山本真希(清水)
田中亜土夢(新潟)  柏木陽介(広島)  青山隼(名古屋)
FW
河原和寿(新潟)  青木孝太(千葉)  ハーフナーマイク (横浜FM)
森島康仁(C大阪)  伊藤翔(中京大学附属中京高校)

プロ19+大学生1+ヴェンゲルお墨付きの高校生1という編成。
ちなみにアシスタントコーチを務めているのは元日本代表の森保一。

「AFCユース選手権とは?」
19歳以下の選手によって2年ごとに行われ、FIFA主催の「U-20W杯」
(旧:ワールドユース)のアジア予選を兼ねている。出場国は16カ国、4つの
グループに分かれグループリーグを戦い、上位2チームが決勝トーナメントへ
進出する。U-20W杯出場権はこの大会の上位4カ国に与えられる。

1959年に始まったこの大会でまだ日本が優勝したことはない。98年から
2002年まで3大会連続準優勝に終わっている。2002年、2004年と
韓国が優勝し3連覇を目指している。

◆関連サイト
AFCユース選手権2006公式サイト AFC.com
◆関連エントリー
U-19日本代表 3世代の日本代表
U-17日本代表 U-17日本代表の勝負強さ
◆関連ブログ
サッカー、日本代表に関するブログ 「サッカーブログランキング」

気になるグループ分けはどうなっているかというと

グループA: 韓国、インド、キルギスタン、ヨルダン
グループB: 中国、タイ、UAE、オーストラリア
グループC: 日本、イラン、タジキスタン、北朝鮮
グループD: イラク、マレーシア、ベトナム、サウジアラビア

決勝トーナメントではグループAとB、CとDの勝者が対戦する。
ということは準決勝まで韓国、オーストラリア、中国との対戦はない。
なかなかいいグループかもしれない。予選でも苦しめられた北朝鮮が気になるけど。

日本の初戦の相手はその北朝鮮、10/29日本時間19:30キックオフ
BS朝日で19:15から中継予定。

99年ワールドユースで準優勝を果たした、小野、稲本、高原でさえ
勝ち取れなかったこの世代のアジア王者の座。
9月にU-17日本代表が決勝で劇的な勝利を収めアジア王者になった。
これにU-19が続けば、来年のアジアカップのA代表への期待も高まる。
3世代のアジア制覇に向けて・・・

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング

スポンサーサイト

  1. 2006/10/23(月) 21:48:32|
  2. AFC Youth Championship 2006|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
09月 « 2006年10月 » 11月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
  • J.B.A
  • Add to Google
  • RSS

Recent Entries

Category

tag

Search

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Link

BLOG LINK

QR Code for mobile

QRコード

Profile

you+


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。