スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

俊輔 全得点に絡む?


Life is Champions League

「正直なところベンフィカに3-0で勝てると思っていたか?いや、思って
いなかった。彼らを倒せる自信はあったけど、こんな風に勝てるなんて・・・」

俊輔がハットトリックを記録したダンディー戦に続いて、ますます上機嫌な
ストラカン監督。「今日は特別な夜だった」、「今は先のことは考えず
この瞬間を味わいたい」
と、ベンフィカ戦の勝利にすっかり酔っている様子。
まだホームでのマンチェスターUtd戦もあるし、アウェイのベンフィカ戦も
残っているというのに。

とりあえず3試合を終えたグループFの順位です。

【グループF】 (2006.10.18現在)

チーム 試合数 勝点
マンチェスター・ユナイテッド
セルティック
ベンフィカ
コペンハーゲン

確かにこのグループでセルティックの最大のライバルになると思われていた
ベンフィカに勝点差5をつけたのは大きい。CL優勝オッズでもセルティックは
81倍から51倍に下がっている。

◆関連記事
ミラー2発、セルティックが快勝 uefa.com
◆関連ブログ
サッカーに関するブログ 「サッカーブログランキング」

Sky Sportsの選手採点を見るとベンフィカ戦の俊輔には7.6がつけられている。
トップは2ゴールのミラーで8.8。これはジャーナリストが採点するのでは
なく一般の人の投票なので全体的に高めだけど。投票したい方はこちら

グラベセン、ヘッセリンク、マクギーディを欠くセルティックで俊輔が攻撃の
起点になっていたことは事実。でも期待を込めて敢えて批判すると、
日本のメディアでは「全得点に絡む活躍!」と取り上げられているけど、
1点目は俊輔の当たり損ないのシュートをミラーが上手く決めてくれた得点、
そして3点目も俊輔のシュートがGKに弾かれ、それをピアソンが狙ってゴール、
という感じだった。2点目に関してはあれは絡んだと言えるのかな?

イギリスやスコットランドのサイトで試合のレビューを見ても、どこにも
俊輔の写真はなかったし、もちろんコメントも掲載されていない。

"全得点に絡んだ"と言っても公式記録では俊輔のアシストは1。
影の立役者を評価してくれる日本のメディアと違って、海外では結果を残してこそ。
シビアな世界でプレーしているので、やっぱりあの2つのシュートは決めて
ほしかった。

ハットトリックなんてするから、ますます期待が高まってこんなことに。
CL初戦でオールド・トラフォードに入場してきた姿を見ただけで
感動していた頃が懐かしい。

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング

スポンサーサイト

  1. 2006/10/18(水) 23:13:33|
  2. 06-07 Champions League|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3
09月 « 2006年10月 » 11月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
  • J.B.A
  • Add to Google
  • RSS

Recent Entries

Category

tag

Search

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Link

BLOG LINK

QR Code for mobile

QRコード

Profile

you+


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。