スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ラウルのいないスペイン代表


Life is football

違和感を感じること。
ジダンのいないフランス代表、フィーゴのいないポルトガル代表、
ベッカムのいないイングランド代表、ネドヴェドのいないチェコ代表、
そして中田英寿のいない日本代表。

代表出場102試合、44ゴール、「スペインの至宝」と呼ばれた選手が
また1人代表から姿を消した。(とは言い切れないので消すかもしれない)

「Captain Raul dropped from Spain squad」
(キャプテン ラウルがスペイン代表を外れる)

マドリーでは昨年の10月以来ゴールに見放されていたものの、
9/26のCL、ディナモ・キエフ戦では2ゴールの活躍を見せた。
29歳、まだまだ世界で戦える選手。

「この選択は次の試合(EURO予選:スウェーデン戦)に向けてのもの。
どんな選手にも代表でプレーする権利があることは否定しない」

アラゴネス監督はラウルを外した理由を具体的には語らなかった。
以前、これと全く同じコメントをしたのがイングランドのマクラーレン監督。
ベッカムに対して「門を閉ざしたわけではない」としながら、
これまでベッカムを1度も召集していない。

◆関連記事
ラウルがスペイン代表から外される スポーツナビ
◆関連ブログ
サッカーに関するブログ 「サッカーブログランキング」

「監督の決断を尊重し代表に戻れるよう努力する。私にとって代表チームは
何よりも大切。離れたところからでも全身全霊でサポートしたい。どんな時でも
私はスペイン代表の一番のファンでありたい」

1996年から10年間チームの中心としてプレーしてきたラウルは今回の件に
関してこのように語っている。

代表チームは世代交代を行いながら進化していくもの。批判を恐れず絶対的な
存在を外す勇気も監督には必要。(←岡ちゃんを思い出しながら)

スペイン代表はW杯では満足のいく結果は残せなかったけど、セスクや
フェルナンド・トーレスなど若い選手が存在感を増し、スペインを出てプレミアで
活躍する選手達が新しい風を吹き込んでいる。
そう思えば、こんな世界中のニュースになるようなことを実行できるのも
今、このタイミングだったのかもしれない。

アラゴネス監督の勇気ある決断は素直に認めるけど、個人的には2年後の
EURO本大会で活躍するラウルを見たい。
「一番のファン」なんてかわいいこと言ってないで・・・

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング

スポンサーサイト

  1. 2006/09/30(土) 02:14:50|
  2. football|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
08月 « 2006年09月 » 10月
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  • J.B.A
  • Add to Google
  • RSS

Recent Entries

Category

tag

Search

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Link

BLOG LINK

QR Code for mobile

QRコード

Profile

you+


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。