スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

オシムジャパン背番号の謎


Life is Asian Cup 2007

今日は海外から国内までサッカーニュースが多い1日。

平山・戦力外通告、稲本・ガラタサライ、三都主・プレミア、小笠原・16番、
伊藤翔・アーセナル合格、ロシツキー・最年少キャプテン、レジェス・マドリー
↑ニュースをさらっと取り上げたつもり。

1番のニュースは早朝に発表されたアジアカップ予選、サウジアラビア戦の
日本代表メンバー。
以下強行日程の中サウジアラビアへ向かった24人の皆さん。

GK
川口能活(23)  山岸範宏(43)  西川周作(44)
DF
三都主アレサンドロ(14)  坪井慶介(20)  駒野友一(31)
田中マルクス闘莉王(45)  加地亮(21)
MF
田中隼磨(58)  長谷部誠(35)  小林大悟(59)
中村直志(50)  鈴木啓太(55)  山瀬功治(56)
遠藤保仁(4)   羽生直剛(51)  阿部勇樹(30)
二川孝広(52)  伊野波雅彦(71)  梅崎司(72)
FW
我那覇和樹(65)  田中達也(38)  佐藤寿人(37)
巻誠一郎(36)
※赤字は今回新たに召集された選手

イエメン戦のメンバーから佐藤勇人、坂田大輔が外れ、上の4人が新たに
加わった。背番号は梅崎の「72」が最大。

2月にアジアカップ予選、インド戦を戦った日本代表。その時にジーコが
登録した選手は42人。
オシム監督になってメンバーがかなり代わった印象を受けるけど背番号を見ると
ジーコ時代の選手が11人残っていることがわかる。

◆関連サイト
アジアカップ2007公式 AFC Asian Cup 2007(英語)
◆関連エントリー
アジアカップ優勝オッズ 「アジアカップ優勝オッズ 8/10版」
アジアカップ2007 「アジアカップとは?」
◆関連ブログ
サッカー、日本代表に関するブログ 「ブログランキング」

さらに、イエメン戦で一番大きな背番号をつけたのは坂田大輔の「67」
今回新たに召集された西川周作44二川孝広52
わざわざこの背番号を空けておいたとも考えにくいので、2人は以前から
オシムの構想に入っていた選手?というか既に予備登録されていたのかな。

そう考えていくと空番号が気になる。
43番から72番までの間に15も空席が。
ジェフの山岸、川崎の中村憲剛、レッズの永井・・・ただの推測。

関係ないけどアジアカップ2007の公式サイト、日本代表の紹介ページでは
いまだにジーコが監督として紹介されてる。いい笑顔の写真だけど、
そろそろ変えて下さい。

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング

スポンサーサイト

  1. 2006/08/31(木) 22:10:18|
  2. AFC Asian Cup 2007|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:3

ロイ・キーン監督誕生


Life is football

「闘将キーン氏がサンダーランド監督就任に合意」

引退したばかりの35歳、早い時期の監督就任にも驚いたけど何よりも
あのキーンがね・・・

マンチェスター・ユナイテッド、そしてアイルランド代表のキャプテンを務め
闘志溢れるプレーでチームを牽引したことは事実。
でもその激しすぎる気性のせいでピッチ内外で数々の問題を起こした事も事実。
記憶に新しいところでは2002年W杯直前、アイルランド代表の
サイパン合宿から緊急帰国。もちろんW杯に出場することもなかった。

ロイ・キーン監督うまくやって行けるのかな?

ロイ・キーン_サンダーランド公式サイト

試合中には決して見せない穏やかな表情。
サンダーランド公式サイトではキーンがクラブを訪れ、選手や関係者に紹介された
と伝えている。正式な契約は今日のウェストブロム戦後に交わされ、
明日記者会見を行う予定。

それにしてもなんでキーンなんだろう?
サンダーランド公式サイトを見ていてなんとなく謎が解けたような。

◆関連記事
キーンがサンダーランド監督に スポーツナビ
◆関連ブログ
サッカーに関するブログ 「ブログランキング」

サンダーランドの会長兼監督はアイルランド代表でキーンのチームメートだった
ナイアル・クインが務めている。
と言っても選手時代の2人は決していい関係ではなかった。

人付き合いがよく、慈善活動にも積極的。常に笑顔でジョークを言い、
多くの人に愛されるナイアル・クイン
一方、気に入らないことがあればすぐに悪態をつき、チームメートと過ごすより
犬と散歩する事を好む。常に無愛想で人を寄せ付けないロイ・キーン

↑に挙げたW杯直前の事件ではお互いを批判し合っていたのが印象的。
(数ヵ月後のプレミアリーグの対戦で握手を交わしとりあえず和解はしたけど)

今回このロイ・キーン監督を指名したのはそのナイアル・クイン本人。
良くも悪くも自分にないものを持っているキーンが必要だったのかもしれない。
対照的な2人だからこそうまくかみ合えば・・・

1つ心配なことはキーンのことなのでベンチで熱くなりすぎて、
自分がプレーする!と言い出すのではないかということ。半分期待だけど。

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング


  1. 2006/08/28(月) 22:42:54|
  2. football|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

06/07 リーガ優勝オッズ


Life is football

8/27 なんでこんなに落ち着いてるんだろう?
リーガ・エスパニョーラの06/07シーズンが開幕したというのに。

待ちに待った新シーズンの開幕戦なのに放送がない。
全38節の1節だし、と言われればそれまでだけど開幕戦は特別なもの。
さらにこんな時に限って、ビルバオ×ソシエダのバスク・ダービーが・・・

試合の中継が見られるのは今では当たり前のようになっているけど、
こういう事態になって初めてそのありがたさを感じる。
サッカーが1つのビジネスとして成立している今、放映権を獲得するにも
色々な問題があるのだと思う。それでも獲得に乗り出したのであれば
責任を持って開幕戦から中継してほしい、というのが率直な意見。

不満を言っても見れないものは見れないので、気持ちを切り替えて。
06/07リーガ・エスパニョーラ優勝オッズです。

2006.8.27 21:00現在(Ladbrokes.com)

team odds
バルセロナ 1.50
レアル・マドリー
バレンシア 11
セビージャ 21
ビジャレアル 21
アトレティコ・マドリー 34
デポルティーボ 51
セルタ 67
オサスナ 81
レアル・ベティス 81
エスパニョール 101
サラゴサ 101
このあとはビルバオ、ヘタフェ、レバンテが201倍で続く。

オフの間に精力的に補強を行ったバルサマドリーが当然ながら上位。
バルサはファン・ボメルのバイエルンへの移籍が確定したようなので
まだ誰か獲得するのかな?

◆関連記事
リーガ開幕戦はバレンシアが勝利 スポーツナビ
◆関連ブログ
サッカーに関するブログ 「ブログランキング」

バルサ、マドリーに注目が集まるけど、個人的に注目したいのはビジャレアル
昨シーズンのCLの勢いを今年もまた見せてほしい。さらに今季はアーセナルから
ピレスも加わったことだし。
で、ビジャレアルの対戦スケジュールをチェックしてみると、
今日はマドリーとの試合だった・・・
以下↑の青字の繰り返しの為省略。

ちなみに今シーズンのクラシコ、1戦目はマドリーホームで10/22開催。
さすがにその頃までには交渉終わってるよね?

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング


  1. 2006/08/27(日) 21:10:25|
  2. football|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

J第20節オッズ


Life is J.LEAGUE

特に理由はないけれど、そこにあって当然と思っていたものが
急になくなるのは寂しい。冥王星の話。
実際はなくなるわけではなくて惑星というカテゴリから除外されるだけだけど。

特にマリノスサポーターではないけれど、そこにいて当然と思っていた
岡田監督がいなくなるのは寂しい。
「解任」ではなく「辞任」というのが岡ちゃんらしい。
監督の交代で徐々に復調してきたチーム、相変わらず低迷を続けるチーム、
そろそろ明暗分かれてきたJ1第20節オッズです。

J1第20節
2006.8.25 22:30現在(PlayIt.com)

DATE 対戦カード HOMEの勝ち 引き分け AWAYの勝ち
8/26 大宮 vs 川崎F 2.75 3.25 2.30
8/26 鹿島 vs 広島 1.55 3.60 5.25
8/26 甲府 vs 磐田 2.60 3.30 2.35
8/26 新潟 vs 大分 2.35 3.25 2.65
8/26 清水 vs F東京 1.95 3.40 3.25
8/26 C大阪 vs 浦和 4.50 3.55 1.65
8/26 福岡 vs 千葉 3.75 3.25 1.85
8/27 名古屋 vs G大阪 3.50 3.20 1.95
8/27 京都 vs 横浜FM 2.50 3.20 2.50

前節は18チーム合計で45のゴールが生まれいている。
今シーズン初の全チーム得点。スコア表に0がないのは気持ちいい。
でもそれは全てのチームにとって良い傾向というわけでもない。
暑さと選手の疲労のせいか大味な試合が増えいていることも事実。

◆関連記事
岡田色一掃で再出発 スポーツナビ
◆関連ブログ
サッカーに関するブログ 「ブログランキング」

明日もまたどこかのスタジアムに現れるであろうオシム監督。
24日に出席したJクラブ強化担当者会議では協会とクラブの共存共栄を訴えた。

「我々は同じ皿でメシを食っている。ツバを引っ掛けるようなことを
すれば、自分でもそのメシを食うことになる」

「日本らしさ」を強調するオシムなら「皿」ではなく「釜」にしてほしかった。

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング



  1. 2006/08/25(金) 23:17:31|
  2. J.LEAGUE|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

J第19節オッズ


Life is J.LEAGUE

J1は4連戦の真っ最中。
8/19(土)、8/23(水)、8/26(水)、8/30(土)
この暑さの中過酷なスケジュール。

折り返しを過ぎてオッズもかなり差がつき始めた頃。
これからますます面白くなりそうなJ1第19節オッズです。

J1第19節
2006.8.22 22:30現在(PlayIt.com)

DATE 対戦カード HOMEの勝ち 引き分け AWAYの勝ち
8/23 浦和 vs 新潟 1.45 3.75 6.50
8/23 F東京 vs 福岡 1.70 3.40 4.35
8/23 川崎F vs 名古屋 1.70 3.40 4.35
8/23 横浜FM vs 大宮 2.20 3.20 2.90
8/23 甲府 vs 鹿島 3.10 3.20 2.10
8/23 磐田 vs 千葉 2.25 3.20 2.80
8/23 京都 vs C大阪 1.95 3.40 3.25
8/23 G大阪 vs 広島 1.35 4.25 7.50
8/23 大分 vs 清水 2.30 3.25 2.70

前節「裏天王山」で5-4というサッカーらしくないスコアを残した京都福岡
この結果、両チームの順位が入れ替わり京都16位、福岡が17位となった。

そして明日もまた「裏天王山」と呼ばれそうな対戦が。
16位の京都と18位のC大阪、どちらも前節で勝点3を得ているので
ここで連勝すれば波に乗れそう。

◆関連記事
京都 vs C大阪プレビュー J's GOAL
◆関連ブログ
サッカーに関するブログ 「ブログランキング」

でもアビスパサポーターとしては波乗られるとちょっと困る。いやかなり困る。

京都戦は負ければ自動降格圏に入ってしまう"絶対に負けれない戦い"だった。
その大事な試合で5失点。
アビスパのゴールで立ち上がって拍手を送った回数4回。
京都のゴールでため息をつきながら電光掲示板を確認した回数5回。
堅い守備でレッズやジェフを最後まで苦しめたアビスパはどこに行ったんだろう?

と終わったことを言っていても何も始まらないので、明るい材料を探してみる。
明日はFC東京との対戦。今シーズン、ナビスコを含めて3試合戦った相手。
結果はアビスパの1勝2分。決して相性の悪い相手ではない。

今シーズンJリーグではまだ1勝しかしていないのはアビスパだけ。
そろそろ2勝目を・・・
開幕前はこの時期にこんなことを書くなんて思ってもみなかった。
J1はやっぱり厳しい。

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング



  1. 2006/08/22(火) 22:53:12|
  2. J.LEAGUE|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ルーニーとC ・ロナウド 2人の関係


Life is football

06/07シーズン プレミアリーグ開幕。
ついにプレミアデビューを果たしたアーセナルのウォルコットも気になるけど
もっと気になるこの2人。

ルーニー&C・ロナウド_マンチェスターUtd公式サイト

いい笑顔だ。
W杯イングランドvsポルトガル戦でルーニーの退場を審判にアピールしたとして
イングランド敗戦の戦犯となったC・ロナウド(もちろん戦犯なんかじゃないけど)。
イングランド国内の批判は凄まじく、心配したクラブは彼に専属の護衛を
つけるほど。

さらにファン・ニステルローイのマドリーへの移籍。ファーガソン監督との確執が
囁かれたり、今シーズンのユナイテッドは・・・

そんな中で迎えた開幕戦。Fulham相手に5-1の快勝。
ルーニーが2ゴール、1アシスト。そのアシストで1ゴールのC・ロナウド。
無駄な心配だった。

◆関連記事
チェルシーとユナイテッドは好発進 uefa.com
◆関連エントリー
W杯イングランド×ポルトガル 「ジンクスは続く・・・」
◆関連ブログ
サッカーに関するブログ 「ブログランキング」

「2人で何度もチャンスを作った。クリスティアーノとウェインは最高の
コンビだ」

試合後誇らしげにそう語ったファーガソン監督。
試合の最初こそC・ロナウドにブーイングしていたFulhamサポーターも
最終的にはロナウドのプレーに見入っていたようだった。

「2人について色々言われたけど、それを言っていた人たちは我々2人のことを
全く理解していなかったということを証明できた。クリスティアーノは
素晴らしい選手だと思っていたし、今日も最高のゴールを決めてくれた」

期待に反して(?)2人の関係になんら問題はなかったことを強調するルーニー。

最高のスタートに浮かれてるようだけど、ルーニーはアヤックス戦での
ひじ打ちで今後3試合出場停止。
この人は引退するまでに何枚レッドカードもらうんだろう?

それにしてもこんなに超個性的な若い選手が2人もいるのにユナイテッドは
うまくやっていけてる。これもサー・アレックス・ファーガソンの手腕?
カントナやロイ・キーンが在籍していたことを考えれば、まあ当然かな。

今週末はリーガ・エスパニョーラ開幕。
放映権の決定まだなんだけど・・・

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング


  1. 2006/08/21(月) 22:44:12|
  2. football|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ネドヴェドの引退


Life is football

オシム監督がイエメン戦の出来にイライラしていた頃、
ヨーロッパの各地ではW杯後初の親善試合が行われていた。
そして日本代表と同様、各国で選手の世代交代があった。

代表引退を自ら表明した選手、代表でプレーする意思はあっても選出されず
事実上の代表引退となった選手。さまざまいる中でもこの人の引退については
触れておきたい。

【チェコ代表 パヴェル・ネドヴェド】

「代表を引退することを決意した。若い選手たちに機会を与えたい。
これが最後の決断だ」

そう語って臨んだ8/16のセルビア戦。前半終了間際に交代したネドヴェドは
スタンディングオベーションで迎えられ、目には涙を浮かべていた。

◆関連記事
ネドベド チェコ代表引退を表明 uefa.com
◆関連エントリー
ネドヴェド 「ネドヴェドとカンナバーロ2人の選択」
◆関連ブログ
サッカーに関するブログ 「ブログランキング」

「これまでのサッカー人生が目の前をよぎった。自分のプレーがどうだったかも
覚えていない。とても感動的だった」

チェコ代表として91試合、18ゴールの記録を持つネドヴェドでも
ドイツW杯が最初で最後のW杯だった。チェコ代表は優勝候補に
挙げられながらも、結果はグループリーグ敗退。

「私はもうすぐ34歳になる。家族との時間も大切にしたいし、
ユヴェントスのためにプレーしていきたい」

ヨーロッパの選手が代表を引退する時に必ずあげる理由、
「家族との時間を大切にしたい」
国内リーグ戦、国内カップ戦、UEFA主催の試合、さらに代表戦。
トップで活躍する選手達がこれらのハードスケジュールをこなすのが
いかに大変かというのが分かる発言。
というかそれぐらい大変な環境に身を置いているから強くなるのであって、
日本代表も・・・

これでネドヴェドはユヴェントスのセリエA復帰という1つの目標に集中して
プレーすることになった。

「セリエBで戦いながら、国際試合に向けて準備をすることは難しい」

代表に選ばれる実力を持った選手なら目標はもちろんW杯優勝だと思う。
でも所属クラブが2部リーグに降格してもクラブに残り、さらにその活躍によって
ユヴェントスを来シーズンセリエAに復帰させることができたとしたら?
W杯優勝ほどの記録にはならないけど、それ以上の記憶に残る選手になる。

とりあえずチェコ代表のネドヴェドには、「お疲れさまでした」
そしてユヴェントスのネドヴェドには、「まだまだこれから」
期待してます。

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング


  1. 2006/08/20(日) 04:35:56|
  2. football|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

J第18節オッズと岩本輝雄の噂


Life is J.LEAGUE

イエメン戦の翌日、オシム監督はジェフの練習試合を視察した。
2日後にJリーグの試合があるのに、新潟から帰宅後すぐに行動を起こした。
イエメン戦の内容がよほど頭にきていたのか、思うことがあったのか。

明日もどこかのスタジアムに現れるであろうオシム監督。
日本代表にとって何かいい材料が見つかればいいなと思うJ1第18節オッズです。

J1第18節
2006.8.18 22:30現在(Ladbrokes.com)

DATE 対戦カード HOMEの勝ち 引き分け AWAYの勝ち
8/19 鹿島 vs 浦和 2.50 3.20 2.50
8/19 大宮 vs G大阪 3.50 3.20 1.90
8/19 新潟 vs 川崎F 3.00 3.20 2.10
8/19 清水 vs 甲府 1.66 3.25 4.50
8/19 名古屋 vs 磐田 2.10 3.20 3.00
8/19 C大阪 vs 横浜FM 3.00 3.20 2.10
8/19 福岡 vs 京都 2.10 3.20 3.00
8/20 広島 vs 大分 2.60 3.20 2.37
8/20 千葉 vs F東京 1.72 3.20 4.33

J1も早いものでもう後半戦。
注目は「裏天王山」という不甲斐ないタイトルをつけられた福岡vs京都
今シーズンからJ1に復帰したチーム同士の対戦。
17節を終えて福岡は1勝8分8敗で16位。京都は2勝5分10敗で17位。
現在勝点11で並んでいる為、対戦結果で順位が入れ替わる可能性もある。

◆関連記事
福岡 vs 京都プレビュー J's GOAL
◆関連ブログ
サッカーに関するブログ 「ブログランキング」

そしてアビスパと言えば、この話題。 「岩本輝雄 2年ぶりJのピッチへ」
信憑性はわからないけど、誰もが驚くようなこんな話題が何の根拠もない
ところで起こるとも思えない。

ここからちょっと長くなりますが・・・

最近の岩本輝雄はBSでてくてく歩いているところしか見たことないので
何とも言えないけど、いい選手だったということは事実。
最後に見たのはJ2仙台時代、相変わらずFKの場面では嫌な相手だった。

でも今、アビスパに必要な選手かというとそうでもない。
アビスパにはFKの名手がいる。古賀誠史の左足を見る為に博多の森に
来る人も少なくない。さらに「ベテランが必要」というのが獲得の理由として
挙げられていたけど、これも疑問に思う。J1に復帰するにあたって、
若手中心だったアビスパには布部、久藤、薮田という3人のベテランが加入した。

経済的に余裕もあって、順位も上位であれば集客が期待できそうな選手の獲得も
喜ぶことができるけど、今アビスパはとてもそんな状態ではないと思う。
岩本輝雄ファンの方には大変申し訳ないけど・・・

選手の獲得、放出全てにおいて方向性が見えないのが現状。
そして何よりも監督解任という犠牲を既に払っている。
解任理由が「数字」であったなら、新しくなった監督にも「数字」を求めたい。
監督交代後の成績は3分2敗。
クラブもサポーターも何か行動を起こす時期が来ているのかも。

明日はプレミアリーグの06/07シーズンが開幕する。
楽しみにしていた日なのに気分が重い。

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング



  1. 2006/08/18(金) 23:10:18|
  2. J.LEAGUE|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

アジアカップとは?


Life is Asian Cup 2007

双子はどちらかが風邪をひくともう1人も風邪をひく、というのはよく聞く話。
同じ場所をケガする佐藤勇人と寿人、これも双子のなせる業?

イエメン戦後のスポーツニュースで「オシムジャパンのウィークポイント」という
特集が組まれていた。この時期にそういう評価をするのは時期尚早な気がする。
そんなことよりもっと報道するべきニュースがあるのに・・・

オーストラリアが第1号で予選突破

本大会で日本のライバルになるであろうオーストラリアが予選を通過した。
これにはちょっと事情があるんだけど。
最終予選の組み分けも本大会がいつどこで開催されるかも話題にならないのは
なんでだろう?

ということで、「アジアカップ2007とは?」
現在進行中の最終予選のグループから。

グループA・・・日本・サウジアラビア・イエメン・インド
グループB・・・韓国・イラン・シリア・台湾
グループC・・・UAE・オマーン・ヨルダン・パキスタン
グループD・・・オーストラリア・バーレーン・クウェート・レバノン※
グループE・・・中国・イラク・シンガポール・パレスチナ
グループF・・・ウズベキスタン・カタール・香港・バングラデシュ
※グループDのレバノンはイスラエルによる空爆の為予選から撤退。
これによりオーストラリアの2位以内が確定。

ホーム&アウェイで試合を行い上位2カ国が本大会に出場する。
開催国はインドネシア、マレーシア、タイ、ベトナムの4カ国。

予選を勝ち上がった12+開催国4の合計16カ国が4つのグループに別れ・・・
ここからはW杯と同じでグループリーグ、決勝トーナメントという方式。

◆関連エントリー
アジアカップ優勝オッズ 「アジアカップ優勝オッズ 8/10版」
◆関連ブログ
サッカー、日本代表に関するブログ 「ブログランキング」

本大会の開催期間は2007年7月7日から29日まで
この時季の東南アジアには行ったことがないのでわからないけど、
日本より暑いことは確実。その暑さの中でまたオーストラリアと対戦する
可能性もある。今度こそは走り負けない日本が見たい。

2010年W杯の前に日本がやるべきことはアジアカップ連覇。
アジア王者の座はオーストラリアには譲れない。
だってアジアじゃないし。ではなくてW杯の借りを返す為に。

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング


  1. 2006/08/17(木) 02:25:57|
  2. AFC Asian Cup 2007|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

イエメン戦 背番号とオッズ


Life is Asian Cup 2007

まずオッズを見る前に背番号を確認する必要がありそう。
ジーコ監督時代に既にアジアカップ予選を戦っている日本代表、
その時に登録されていた選手の背番号は使用できない為、こんなことに・・・

GK
川口能活(23)  山岸範宏(43)
DF
三都主アレサンドロ(14)  坪井慶介(20)  駒野友一(31)
田中マルクス闘莉王(45)  加地亮(21)
MF
田中隼磨(58)  長谷部誠(35)  小林大悟(59)
中村直志(50)  鈴木啓太(55)  山瀬功治(56)
遠藤保仁(4)  羽生直剛(51)  佐藤勇人(57)
阿部勇樹(30)
FW
我那覇和樹(65)  田中達也(38)  佐藤寿人(37)
坂田大輔(67)  巻誠一郎(36)

ジーコが登録していたのは42選手。ということは42以降の選手は
ジーコに呼ばれたこともなければ構想にも入っていなかった選手ということ。
なるほど、そう思って見るとなかなか面白い。

背番号を覚えたところで(無理?)試合のオッズです。

2006.8.15 1:30現在(PlayIt.com)

result odds
日本 1.10
引き分け 7.00
イエメン 13.00

日本代表の試合でこんなに差が開いたのは久しぶり。
ああ、W杯のブラジルvs日本がこんな感じだったっけ・・・

◆関連エントリー
アジアカップ優勝オッズ 「アジアカップ優勝オッズ 8/10版」
◆関連ブログ
サッカー、日本代表に関するブログ 「ブログランキング」

オシムが代表監督になってから練習内容に注目が集まっている。
これまでジェフでも同じようなことをやってきたはずなのに。
それでも今までの代表の練習と言えばトルシエが切れて選手を突き飛ばしたり、
ジーコ自らFKを蹴っていたり、そんな報道しかなかったので
こうして話題になるだけでも見ている方にとっては嬉しい。

ただちょっと気になるのは練習後の選手のコメント。

「思ったより面白い練習。いつも考えていない分、頭を使う。
意図的にそれができるようになるには時間がかかると思う」

14日の練習を終えた加地のコメント。
加地以外にも練習後の選手が口々に「頭を使う」と言う。
みんなそんなに頭を使ってこなかったのか・・・素直な気持ちなんだろうけど。

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング


  1. 2006/08/15(火) 01:45:03|
  2. AFC Asian Cup 2007|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:3

オシムの22人 イエメン戦メンバー発表


Life is Japan blue

オシムジャパンにはお盆休みもない。
16日に行われるアジアカップ予選イエメン戦の日本代表メンバーが発表された。

GK
川口能活(磐田)  山岸範宏(浦和)
DF
三都主アレサンドロ(浦和)  坪井慶介(浦和)  駒野友一(広島)
田中マルクス闘莉王(浦和)  加地亮(ガンバ大阪)
MF
田中隼磨(横浜FM)  長谷部誠(浦和)  小林大悟(大宮)
中村直志(名古屋)  鈴木啓太(浦和)  山瀬功治(横浜FM)
遠藤保仁(ガンバ大阪)  羽生直剛(千葉)  佐藤勇人(千葉)
阿部勇樹(千葉)
FW
我那覇和樹(川崎)  田中達也(浦和)  佐藤寿人(広島)
坂田大輔(横浜FM)  巻誠一郎(千葉)
※赤字は今回新たに加わった選手

トリニダード・トバゴ戦で最初に選ばれた13人はケガの今野を除いて
全員が残るかたちになった。
追加召集の栗原、U-21から召集された青山が外れ、新たにジェフから4人、
ガンバから2人が追加され合計22人。計算合うかな?

◆関連記事
イエメン戦メンバー発表 sportsnavi.com
◆関連ブログ
サッカー、日本代表に関するブログ 「ブログランキング」

今後の日本代表のスケジュールを見ると、16日のイエメン戦後は
9/3サウジアラビア、9/6イエメンとアウェイの試合が続く。

トリニダード・トバゴ戦は「ボールも人も動くサッカー」で選手のポジションも
試合の流れで替わっていたり、1人で何役もこなす選手がいたり、
そういう点だけを見ると、明らかにこれまでの代表とは違う印象だった。

それでも試合後のオシム監督は不満顔。
走れる選手を選んでいても「90分間走れない選手がいた」とコメントも厳しい。
オシムが満面の笑みで「今日は最高の試合だった」と言う日はいつになることか・・・

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング


  1. 2006/08/13(日) 12:32:48|
  2. Japan blue|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:1

ユヴェントス移籍のまとめ


Life is football

もうこの話題を書くこともないと思っていたけど。
また一人ユヴェントスを去る選手が。

「インテルはユヴェントスのFWズラタン・イブラヒモビッチを
2480万ユーロ(約34億円)で獲得。契約は4年」

そろそろわからなくなってきたので、ユヴェントス移籍のまとめ。

ユヴェントス→レアル・マドリー
・ファビオ・カンナバーロ(5)
・エメルソン(未定)

ユヴェントス→バルセロナ
・ジャンルカ・ザンブロッタ(11)
・リリアン・テュラム(21)

ユヴェントス→インテル
・パトリック・ヴィエラ(未定)
・ズラタン・イブラヒモビッチ(未定)       ※( )内は背番号

ザンブロッタ11って・・・

先日ヴィエラの移籍の際に「チームを去る最後の選手になるだろう」と
語っていたデシャン監督。そう言い切るにはそれなりの自信があったから。

「彼(ズラタン)はクラブに残って、今後自分が重要な役目を果たすということを
よく理解していた。ある日突然彼の気持ちが変わった」

イブラヒモビッチの残留の為にできる限りのことは全てやったという
デシャン監督のコメント。核となるFWを失ったことで「再度チームの
見直しをしなければならない」と補強も示唆している。

◆関連記事
インテル、イブラヒモビッチも獲得 uefa.com
◆関連エントリー
ネドヴェド 「ネドヴェドとカンナバーロ2人の選択」
◆関連ブログ
サッカーに関するブログ 「ブログランキング」

ここで気になるのはインテル。
ヴィエラ、イブラヒモビッチに加え、先日チェルシーからクレスポもレンタルで
獲得したばかり。インテル公式サイトのトップページにはユニフォームを持った
新加入選手の写真が数日おきに掲載される。

イブラヒモビッチ_インテル公式サイト

このビッグネームの移籍に加えて、W杯ドイツ戦でのゴールが記憶に新しい
イタリア代表グロッソをパレルモから、フランス代表オリビエ・ダクール
ローマから獲得しているインテル。

確実に06/07シーズンに賭けているのがわかる。
ユーヴェ不在でミランが減点されている間に・・・そう考えるのが普通だけど。

ユヴェントスから移籍する選手がこれで最後になるように願って
「ユヴェントス移籍のまとめ」でした。

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング


  1. 2006/08/11(金) 02:35:20|
  2. football|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

アジアカップ優勝オッズ 8/10版


Life is Japan blue

オシムジャパンの初戦も終了。
いよいよ来週16日はアジアカップ、イエメン戦。
気が早いけど「アジアカップ2007 優勝オッズ」です。

2006.8.10 0:00現在(PlayIt.com)

team odds
日本
オーストラリア 4.5
韓国
イラン
サウジアラビア 10
UAE 21
中国 26
カタール 34
ウズベキスタン 34
クウェート 67
バーレーン 67
イラク 67
ヨルダン 67
このあとはシンガポール、タイ、インドネシアが続く。

16日に対戦するイエメンはインドや台湾と並んで1500倍で最下位。
オシムジャパンを本当の意味で評価するのは、9/3アウェイの
サウジアラビア戦まで待った方がよさそう。

◆関連記事
トリニダード・トバゴ戦 オシム監督会見 J's GOAL
◆関連ブログ
サッカー、日本代表に関するブログ 「ブログランキング」

スケジュールの関係で召集できない選手がいたり、練習期間もわずかだったので
何か1つでも収穫があるといいな、と思って観戦した今日の試合。

「責任の重さは感じていましたが、満員のスタジアムを見てこの人たちを
ガッカリさせることがあってはならないと改めて感じました」

(オシム監督 試合後の記者会見より)

満員のサポーターがオシムに与えたプレッシャー。
これが一番の収穫。

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング


  1. 2006/08/10(木) 00:10:20|
  2. Japan blue|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

トリニダード・トバゴ戦オッズ


Life is Japan blue

「明日はエレガントな試合にはならないだろう」

ヤタガラスのついた黒いポロシャツをいまいち着こなせていないオシム監督の
コメント。見慣れてないからそう見えるんだけど。

監督就任後初めてのメンバー発表で呼ばれた名前は13人。
練習後のインタビューで選手が口々に「頭を使いますね」と語る。
試合前日にU-21から青山直晃を緊急召集。

毎日新しい話題を提供してくれるオシムジャパン。
予想するだけ無駄な気もするけど、とりあえず試合のオッズです。

2006.8.8 22:00現在(Bet365.com)

result odds
日本 1.53
引き分け 3.75
トリニダード・トバゴ 5.00

新しくなったFIFAランキングでは日本の49位に対し、
トリニダード・トバゴ64位。W杯での成績は共にグループリーグ敗退。

「敗北から最も学んでいるのは日本だと世界の人たちは考えている」

このコメントだけ見るとサッカーの記者会見とは思えない、オシム流精神論。
さらにこう付け加える。

「歴史、戦争、原爆……。その上で、日本は先進国の仲間入りをした。
サッカーでもなぜ、強国と肩を並べることができないのか。
それを実現させることが私の願いだ」

◆関連記事
トリニダード・トバゴ戦前日 オシム監督会見 sportsnavi.com
◆関連ブログ
サッカー、日本代表に関するブログ 「ブログランキング」

トルシエの時もジーコの時もそうだったけど、監督就任後の初戦には
いつも以上の期待が集まる。
でも就任直後にオシムが「現状を正しく把握しないで期待するから失望する」
と言ってたことを今思い出した。
現状を把握しつつちょっと期待しながら観戦します。
トリニダード・トバゴ戦、キックオフは19:20。

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング


  1. 2006/08/08(火) 23:10:47|
  2. Japan blue|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

クレスポ 再びインテルへ


Life is football

日本がオシムジャパンとU-21の話題で持ちきりになっている間に
いつの間にか決まっていた移籍の話題。

「Crespo set for loan deal at Inter」

イギリスBBCスポーツによると、クレスポのインテルへの2年間のレンタル移籍が
ほぼ確実になったらしい。

インテル公式サイトのトップを見てみると

クレスポ_インテル公式サイト

クレスポ銅像みたい。
トップページには以前所属していた頃のクレスポの写真。
記事の内容からすると移籍は確定した様子。

これまでパルマ、ラツィオ、インテル、ミランでプレーしてきたクレスポは
ミラノ郊外に家を持っていて、先日イタリアの市民権も申請したばかり。

「イタリアは引退後に住みたい場所であり、プレーするのには最高の環境だ」
インタビューでイタリアの印象についてこう語っている。

◆関連サイト
インテル公式サイト CRESPO SIGNS FOR INTER
◆関連ブログ
サッカーに関するブログ 「ブログランキング」

子供の教育や環境を考えてミランからチェルシーへ移籍したシェフチェンコ
チェルシーへ移籍した後も「イタリアを愛している」と公言し、再びセリエAに
復帰するクレスポ。対照的な2人のFW。

このニュースを見てから気になっているのは、チェルシーがクレスポの
抜けた穴を誰で補うのか?次は誰を狙っているんだろう・・・

と考えているとそろそろU-21の試合が(放送が)始まる時間。
続きはまた今度。
がんばれ北斗!(←2日連続で)

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング


  1. 2006/08/07(月) 21:56:40|
  2. football|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

世界のU-21


Life is Japan blue

U-21日本代表。
以前は「オリンピックを目指す23歳以下の日本代表」と呼ばれてたような。
JFAのサイトを見ると「U-23日本代表」のカテゴリの中に
「U-21」のニュースがある。なんだか紛らわしい。
最初からU-23と呼ぶことはできないのかな?

その「2年後に23歳になる21歳以下の日本代表」(長い!)が
明日中国と対戦する。
U-21日本代表はほとんどがJリーグで活躍する選手なので
大体のレベルはわかるけど、世界のU-21はどれくらいのレベルなんだろう?

世界のU-21の皆さんです。

ポドルスキ (ドイツ代表 21歳)
ルーニー (イングランド代表 21歳)
メッシ (アルゼンチン代表 19歳)
C・ロナウド (ポルトガル代表 21歳)
センデロス (スイス代表 21歳)
セルヒオ・ラモス (スペイン代表 20歳)
セスク・ファブレガス (スペイン代表 19歳)

◆関連記事
メンバー発表 反町監督会見 sportsnavi.com
◆関連ブログ
サッカー、日本代表に関するブログ 「ブログランキング」

W杯で活躍した21歳以下の選手。
残念ながら北京オリンピックの年にはEURO2008が開催される為、
ほとんどの選手がオリンピックには出場しないと思われるけど、
それでも世界の21歳以下はすごい。

この技術も強さも経験も備えた世界の21歳と対等に戦う為に
反町監督が強調するのは「スピード」。「running speed」だけでなく
特に「thinking speed」の重要性を繰り返し語っている。

短い期間の合宿の中で、この反町監督の考えがどれくらい選手に浸透しているか。
中国戦の中継は8/7(月) 22:00から。ライブじゃないんだ。
とりあえず北斗がんばれ!

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング


  1. 2006/08/06(日) 21:42:16|
  2. Japan blue|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

オシムジャパンの初ゴールは?


Life is Japan blue

サッカーの1点は1点。
それでも新しい日本代表の1点目を誰が決めるかちょっと気になる。

ジーコジャパンの1点目は小野伸二だった。
じゃあトルシエジャパンは?加茂ジャパンは?
ということで過去の日本代表の1点目を振り返ってみると

オフト監督
1992.8.24 vs中国(キリンカップ) 福田正博
ファルカン監督
1994.5.22 vsオーストラリア(キリンカップ) 浅野哲也
加茂監督
1995.1.6 vsアルゼンチン(インターコンチネンタルカップ) 三浦知良
岡田監督
1997.10.11 vsウズベキスタン(W杯アジア最終予選) 呂北須ワグナー
トルシエ監督
1998.10.28 vsエジプト(親善試合) 中山雅史
ジーコ監督
2002.10.16 vsジャマイカ(キリンカップ) 小野伸二
オシム監督
2006.8.9 vsトリニダード・トバゴ(キリンカップ) ??

こういうところにも名前を残すカズ、中山はさすが。
カズは代表戦出場91試合で56ゴール!
歴代日本代表ゴール数では2位の高木に大きく差をあけて、いまだにトップ。
ゴール数は6でもジーコジャパンの1点目、そして記念すべき100ゴールを
決めた小野伸二も負けてない。

◆関連記事
オシムジャパン追加召集 sportsnavi.com
◆関連エントリー
ジーコジャパンの100ゴール 「100ゴールを振り返る」
◆関連ブログ
サッカー、日本代表に関するブログ 「ブログランキング」

オシムジャパンの初ゴールは誰が決めるのか、→で投票受付中。
こうして並べてみると新しい日本代表は画数が多い。
「我那覇」「隼磨」「闘莉王」、小学生には書けない漢字。
いや小学生でなくても・・・
小林大悟、田中達也くらいがちょうどいい。

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング


  1. 2006/08/06(日) 01:39:10|
  2. Japan blue|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

オシムの13人


Life is Japan blue

「オシムの」とつけるだけでありふれた言葉も深い意味があるように聞こえる。
オシムの言葉、オシムの考え、オシムの休日、オシムの部屋・・・

オシムが初めて選んだ13人。
スケジュールの関係で選ばれなかった選手もいるけど、
「試合ごとにころころメンバーを変えるものではない」がオシムの考え。
恐らくこれからも代表に召集されるであろう13人。

GK
川口能活(磐田)  山岸範宏(浦和)
DF
三都主アレサンドロ(浦和)  坪井慶介(浦和)
田中マルクス闘莉王(浦和)  駒野友一(広島)
MF
田中隼磨(横浜FM)  今野泰幸(FC東京)
長谷部誠(浦和)  小林大悟(大宮)
FW
我那覇和樹(川崎)  佐藤寿人(広島)  田中達也(浦和)

メンバー発表後に行われた会見で「選んだ選手の具体的にどこを
いいと思ったのでしょうか?」
という質問に対するオシムの答え。

「第一の基準は全員が日本人であることだ(笑)。
これはもう、絶対的な条件だ」

確かに。この質問をした記者は何を聞きだしたかったのかな?
短い会見の中で1人1人の選手をあげて、「この選手はスピードがある」、
「この選手は1対1に強い」とか、そんな答えが欲しかったのか・・・

◆関連記事
オシム監督会見 sportsnavi.com
◆関連ブログ
サッカー、日本代表に関するブログ 「ブログランキング」

もともと個人を批判したり、マスコミの前で何かを断言したりすることを嫌う
オシムは代表監督になってますます慎重になったような気がする。
この会見でも「どういうサッカーがしたいのか?」という問いには
「どういう選手を選ぶか、どういう試合をするかというところで答えを出す」
と具体的に言葉にして語ることはなかった。

それなら代表監督就任前に日本代表についてどんな事を言っていたかというと、

「日本人の持っているオリジナルの質はかなり高いのだから、
それを生かすべきだ。日本人は他の国の人々よりアグレッシブに
動くことができる」
2006.5.15 BRUTUS [W杯を語らせろ!]

「2トップの背が低くてもものすごく速ければ、その速い人間に
合わせたクロスというものがある。だから毎回後ろからでかいFWを
ターゲットにロングボールを蹴るようなサッカーをする必要はないんだ」
Number631号 [日本はもっと強くなる]

170cmの佐藤寿人、167cmの田中達也
身長は低くても常にアグレッシブでスピードのある2人。
今考えればまさにこの2人のことを言っているよう。

小さい2人が世界の長身DFを置き去りにしているところを想像して・・・
トリニダード・トバゴ戦まであと4日。

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング


  1. 2006/08/04(金) 22:19:03|
  2. Japan blue|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:3

06/07セリエA優勝オッズ


Life is football

海外リーグ開幕予定
8/19 プレミア・リーグ
8/27 リーガ・エスパニョーラ
9/10 セリエA

心配されていたセリエAの開幕も9/10に決定した。
予定より2週間遅れの開幕だけど、とりあえずよかった。
ということで今日は06/07シーズンのセリエA優勝オッズを。

その前に減点ポイントの復習。
ACミラン(-8)、ラツィオ(-11)、フィオレンティーナ(-19)
確認終了。それではオッズです。

2006.8.2 22:30現在(Ladbrokes.com)

team odds
インテル
ミラン 2.5
ローマ 5.5
フィオレンティーナ 51
ラツィオ 51
キエーボ 67
サンプドリア 67
パレルモ 101
パルマ 101
ウディネーゼ 101
アスコリ 201
リボルノ 201
この後はカリアリ、エンポリ、レッジーナ、シエナ、トリノが251倍、
アタランタ、カターニャ、メッシーナが501倍で続く。

ヴィエラを獲得したばかりのインテルが2倍でトップに。
オッズから見るとインテル、ミラン、ローマの3強の争い?

◆関連記事
sportsnavi.com 「セリエA開幕は9月10日」
フィオレンティーナ公式サイト 「クラブからの告知」(日本語)
◆関連ブログ
サッカーに関するブログ 「ブログランキング」

この3強の後を追うのが勝点-19と-11からスタートする2チーム。
フィオレンティーナトニが残留したとしても優勝争いに顔を出すのは厳しそう。

そのトニの移籍について、フィオレンティーナ公式サイトで以下のような
発表があった。

「ルカ・トーニの移籍について依然として様々な憶測が飛び交っているが、
ACFフィオレンティーナは彼を放出しないと断言する。
移籍に関するニュースが流れる度にクラブはこの考えを説明する意思はない。
また、そういったニュースを流さないよう考えていただきたい」

ミランの公式サイトでもカカに対する同じような発表を見たような・・・
人気選手を抱えるクラブもいろいろ大変。

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング


  1. 2006/08/02(水) 22:53:59|
  2. football|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ヴィエラの決断は・・・


Life is football

ヴィエラの周囲が騒がしい。
というか本人が騒ぎを大きくしている。

「どんな選手でもユナイテッドのようなクラブでプレーしたいと思っている。
アーセナルで9年間も過ごしたから難しいと思っていたけど、フットボールの
世界では何が起こるかわからない」

以前から噂されていたマンチェスターユナイテッドへの移籍についての
ヴィエラのコメント。

アーセナルで長い間サポーターに愛され、キャプテンも務めた選手が
ライバルチームへの移籍を嬉しそうに語っている、としか思えないコメント。
このコメントを聞いてアーセナルサポーターがショックを受けたのもつかの間、
フランスのレキップ紙はヴィエラのインテルへの移籍がほぼ確定したと伝えている。

◆関連サイト
マンチェスターUtd.公式サイト 
Reds to miss out on Vieira?(英語)
◆関連ブログ
サッカーに関するブログ 「ブログランキング」

レキップ紙によるとユヴェントスのディレクター、ブラン氏が「ユヴェントスと
インテルの間で話はついている」
と語っていて、さらに「このオフの間に
クラブを去る選手はヴィエラが最後になる」
ともつけ加えている。

ヴィエラのコメントから多少なりとも獲得への自信をもっていた
ユナイテッドの公式サイトは今こんな感じになりました。

マンチェスターUtd公式サイト_ヴィエラ

怒っているのか、悲しいのかなんだかわからない表情のヴィエラ。
この写真を選びたくなる気持ちもわかる。
そして記事のタイトルは「Reds to miss out on Vieira?」
まだ「?」はついているけど内容からみてほぼ諦めている様子。

ここまでの流れを見ていて最初のヴィエラのコメントから推測すると
インテルに気持ちは決まっているけど、さらに好条件の契約を取りつけるために
ユナイテッドに興味がある素振りを見せているとしか思えない。
あくまでも推測なので小さめに↑

「48時間以内にはなんらかの結論が出ると思う。それは私にとって
とても重要な選択だ」

と本人が言っているのでとりあえず結論を待ってみよう。

今週はヴィエラの移籍にミランのUEFA主催試合の出場可否、
さらには日本代表の発表といろんな「結論待ち」。
最後まで悩むのはヴィエラかUEFAかオシムか・・・
オシムかな。

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング


  1. 2006/08/01(火) 23:17:03|
  2. football|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
07月 « 2006年08月 » 09月
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
  • J.B.A
  • Add to Google
  • RSS

Recent Entries

Category

tag

Search

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Link

BLOG LINK

QR Code for mobile

QRコード

Profile

you+


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。