スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

歴史は繰り返す? 決勝戦オッズ


Life is World Cup 2006 !!

歴史は繰り返す、ジンクスは受け継がれる。
今回のW杯で最も感じたこと。

W杯でイタリアに勝てないドイツ、
ヨーロッパの大会で活躍できない南米のチーム、
スウェーデンに勝ちきれないイングランド、
決勝戦まで勝ち上がるのは優勝経験国のみ。

全てサッカーの世界では有名なジンクス、そして今回のW杯で繰り返された歴史。
単なるジンクスや歴史ではなく何か理論づけられたものがあるのかもしれない。
決勝戦にもそれが当てはまるとしたら・・・

フランス フランスは1978年から28年間、イタリアに負けていない。
フランスはメジャー大会の決勝戦で負けたことがない。


イタリア 前回優勝した82年W杯の直前にもスキャンダルがあった。
12年ごとに決勝に進出し優勝、準優勝を繰り返している。
70年準優勝、82年優勝、94年準優勝、2006年・・・

どちらにも有利なジンクスがある。これを踏まえて?試合のオッズです。

2006.7.9 10:00現在(Ladbrokes.com)

result odds
イタリア 1.72
フランス 2.00

この試合が現役最後となるジダン、そのジダンをマークすることに
なりそうなのがガットゥーゾ

「ジダンは止まらない。もし、彼のコンディションがよければ十字を切って
神が僕をいい方へ導いてくれて、ミスを祈るしかない」
と、控えめに語ったガットゥーゾ。

「僕らには、ピッチの隅々までジズーをぴったりマークできる選手がいる。
ガットゥーゾにハッパをかける必要なんてない。発奮などしたら
何でも壊してしまうからね」
マテラッツィは自信をもっている様子。

◆関連記事
決勝戦プレビュー fifaworldcup.com
◆関連エントリー
W杯優勝予想 「W杯優勝オッズ 最終版」
最優秀選手賞 「ゴールデンボールは誰の手に」
W杯公式球の歴史 「W杯決勝はゴールデンボール?」
◆関連ブログ
W杯、サッカーに関するブログ  「ブログランキング」

十字を切って・・なんて平和なことを言っているけど、ガットゥーゾなら
ジダンのマークにつくにあたってカードの1枚や2枚は覚悟の上。
恐らくそれはアグレッシブなプレーが特徴のフランスのヴィエラも同じ事。

両チームの勝利のパターンは?

2006.7.9 10:30現在(Ladbrokes.com)

result odds
ガットゥーゾ警告、トニがゴール、
トッティがMan of the Matchでイタリア優勝
34
ヴィエラ警告、アンリがゴール
ジダンがMan of the Matchでフランス優勝
26

決勝戦が終わって両チームに待っているのは厳しい現実。

不正疑惑のかかるクラブに所属する選手がイタリア代表に13人、
フランス代表にも3人いる。優勝剥奪、下部リーグへの降格など、
処分は決勝戦の翌日に決定する予定。

フランスにとって厳しい現実とは主力選手の引退。
W杯予選中に失敗した世代交代に再び取り組むこととなる。

どちらが勝っても「歴史は繰り返す」と言われそうな決勝戦。
イタリアが優勝して不正疑惑という悪いイメージを払拭するのか。
フランスが優勝してジダンが有終の美を飾る劇的な試合になるのか。
あとは神のみぞ知る・・・

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング

スポンサーサイト

  1. 2006/07/09(日) 12:35:39|
  2. World Cup 2006|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:1
06月 « 2006年07月 » 08月
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
  • J.B.A
  • Add to Google
  • RSS

Recent Entries

Category

tag

Search

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Link

BLOG LINK

QR Code for mobile

QRコード

Profile

you+


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。