スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

グループC 気になるのはコートジボワール


Life is World Cup 2006

イギリスBBCの人気番組「Match of the Day」
番組を進行するのは5人の専門家。
メンバーはアラン・シアラー、イアン・ライト
そして鹿島でプレーしていたレオナルドなど。

BBCのサイトではこの5人がW杯をそれぞれの視点で分析中。
優勝予想や注目選手など、いくつかの質問がある中で
5人中4人が偶然にも同じ回答をしたのは
「サプライズを起こしそうなチームは?」という問い。

レオナルドを除く4人の回答は 「コートジボワール」

ちなみにレオナルドの答えはチェコメキシコ
日本は?

ということで今日はサプライズを起こしそうなコートジボワールのいる
グループCのオッズを紹介。

「グループCから決勝ラウンドへ進むのは?」

2006.6.6 23:30現在(Ladbrokes.com)

teams odds
アルゼンチン
オランダ 2.37
コートジボワール 10
セルビア・モンテネグロ 10

名前だけ見ればアルゼンチン、オランダ。
でもアフリカNations Cupでのコートジボワールを見ていれば、
10倍なんてオッズはつかないと思う。

同じく10倍のセルビア・モンテネグロも名前は違っても
元々はユーゴスラビア。簡単な相手ではないはず。

前回のW杯ではアルゼンチン、イングランド、スウェーデン、ナイジェリア
グループFが「死のグループ」と言われた。
今回はどう見てもこのグループCが「死のグループ」にふさわしい。

「日本がここにいなくてよかった」と、つくづく思うW杯3日前。

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング

スポンサーサイト

  1. 2006/06/06(火) 23:20:47|
  2. World Cup 2006|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

W杯最大のサプライズ


Life is World Cup 2006

1.テオ・ウォルコット(イングランド)  47%
2.その他  12%
3.ロジェリオ・セニ (ブラジル) 10%
4.ダヴィド・オドンコー(ドイツ)  9%
5.フリオ・クルス (アルゼンチン)  9%
6.巻誠一郎 (日本)  5%
8.ロベール・マルム (トーゴ)  2%


FIFAworldcup.comで「代表23選手で最大のサプライズは?」という
アンケートが行われた。
世界中から3万もの回答が寄せられ、その結果が発表された。


1位はイングランドのウォルコット
17歳で代表に選出され、先日の強化試合ハンガリー戦でA代表デビュー。
4位のダヴィド・オドンコーも30日の日本戦が初の国際Aマッチとなった。

そんな選手の中にがランクインしてるのもどうかと思うけど。
ちなみに巻の代表での経歴は10試合出場で3ゴール。
確かにちょっとサプライズな数字。

関係ないけど、92試合出場して59ゴールをあげているのはロナウド
1.5試合で1点の確率。
この数字の方がよっぽどサプライズだった。

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング



  1. 2006/06/06(火) 00:00:55|
  2. World Cup 2006|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
05月 « 2006年06月 » 07月
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
  • J.B.A
  • Add to Google
  • RSS

Recent Entries

Category

tag

Search

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Link

BLOG LINK

QR Code for mobile

QRコード

Profile

you+


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。