スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

選手が選ぶプレミアベスト11


Life is football

4月23日、今シーズンの【PFA Player of the Year】が発表された。
受賞したのはリバプールのジェラード

※「PFA Player of the Year」とはイングランドフットボール協会が
シーズンを通して最も活躍した選手に贈る賞。
投票はプレミアリーグでプレーする選手達によって行われる。
今シーズンの候補者とオッズはコチラ


つまりジェラードは同じピッチに立つ選手から
「こいつはすごいぜ!」と最も思われた選手。

23歳以下を対象にした【PFA Young Player of the Year】は
ルーニーが受賞している。

以下、選手が選んだプレミアベスト11です。

Premiership Team of the Year:
Shay Given (Newcastle)
Pascal Chimbonda (Wigan)
John Terry (Chelsea)
Jamie Carragher (Liverpool)
William Gallas (Chelsea)
Steven Gerrard (Liverpool)
Frank Lampard (Chelsea)
Joe Cole (Chelsea)
Cristiano Ronaldo (Manchester United)
Thierry Henry (Arsenal)
Wayne Rooney (Manchester United)


W杯で活躍しそうな名前がずらり。
この選手よりあの選手の方が・・・という部分もあるけどね。

同じピッチでプレーする選手に評価されるというのは
選手にとっては光栄なもの。
いつかここに日本人の名前があがる日が来るといいけど。

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング

スポンサーサイト

  1. 2006/04/29(土) 21:59:01|
  2. football|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

J第10節オッズ


Life is J.LEAGUE

ジーコの頭の中ではW杯代表23人枠はほぼ確定した様子。
詳しく言えば22人は確定、残り1枠はケガの回復具合を見て決めるらしい。
ということは選手にとっては10節、11節あたりが最後のアピール。
選挙で言えば投票前日の夜、声をからして「最後のお願い」をしている頃。

それでは明日「みどりの日」、Mr.ピッチが活躍しそうなJ1第10節オッズです。

J1第10節
2006.4.28 22:00現在(Ladbrokes.com)

DATE 対戦カード HOMEの勝ち 引き分け AWAYの勝ち
4/29 鹿島 vs 福岡 1.50 3.40 6.00
4/29 浦和 vs 大宮 1.40 3.75 7.00
4/29 川崎F vs 清水 1.61 3.50 4.50
4/29 横浜FM vs 広島 1.61 3.25 5.00
4/29 C大阪 vs 京都 1.90 3.25 3.40
4/29 大分 vs 千葉 2.37 3.20 2.60
4/29 F東京 vs 名古屋 1.83 3.20 3.75
4/30 磐田 vs 甲府 1.80 3.25 3.75
4/30 新潟 vs G大阪 3.20 3.20 2.00

注目は浦和vs大宮の「さいたまダービー」。
10節の観客動員トップ間違いなし。
前節で清水に敗れ、連勝記録は17でストップしたレッズ。
ただ、大宮とは昨シーズン5回対戦してレッズの4勝。
相性の良いチームだけにオッズもかなりレッズ有利。

J2第12節
2006.4.28 22:00現在(PlayIt.com)

DATE 対戦カード HOMEの勝ち 引き分け AWAYの勝ち
4/29 東京V vs 札幌 1.80 3.30 3.65
4/29 仙台 vs 水戸 1.60 3.40 4.65
4/29 柏 vs 徳島 1.40 3.70 6.75
4/29 横浜FC vs 湘南 1.60 3.40 4.65
4/29 愛媛 vs 草津 1.80 3.30 3.65
4/29 鳥栖 vs 山形 1.90 3.25 3.35

「みどりの日」といえば緑のヴェルディ
そんな理由かどうかはわからないけど、オッズはいい感じ。

12節はダービーが2つ。
まずは正統派?ダービー、横浜FCvs湘南の「神奈川ダービー」。
神奈川にはJリーグチームがたくさんあることに今さら気付いた。

そしてもう1つのダービーは愛媛vs草津の「温泉ダービー」。
道後温泉vs草津温泉。個人的意見で道後温泉に1票。
みかんvs獅子舞。こちらは獅子舞に1票。

最後はMr.ピッチのGWの予定。
4/29 C大阪、5/3 山形、5/6 横浜FM、5/7 川崎
Mr.ピッチって1人(1体?)しかいないんだ。忙しいね。

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング


  1. 2006/04/28(金) 23:43:03|
  2. J.LEAGUE|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ジーコとスコラーリ


Life is World Cup 2006

W杯開幕まであと43日。
ここにきて日本代表監督ポルトガル代表監督の周囲が騒がしい。

「ブラジルは決勝トーナメント進出が保証されている。
クロアチア、オーストラリア、日本には33%ずつのチャンスがある」


外国特派員協会の記者会見でのジーコのコメント。

この外国特派員協会のインタビューはこれまでもスポーツ界だけではなく、
政治家や文化人から普段は聞けない本音を聞き出している。
外国人を前にするとなんでも素直に喋ってしまうものなのかな?

一説によると、強豪国をW杯で優勝させようとしているとして
FIFAや審判を批判する爆弾発言もあったらしい。

「私の目標は次のステージへ進むこと。ベスト4進出を約束したい」

とにかく負けず嫌いのジーコはトルシエが残したベスト16という結果を
何がなんでも上回りたい様子。

日本のサッカーに15年間携わり、Jリーグをそして日本代表を
1つ上の段階へ押し上げてくれたジーコ。
W杯終了後はヨーロッパのクラブでの監督に興味を示していて
噂のあった南アフリカ代表監督就任は否定したらしい。


W杯イヤーは選手の移籍市場も賑わうけど、監督も同じこと。
W杯出場国で次期代表監督の話題が一番盛んなのはイングランド。
現監督のエリクソンの騒動もあってか、毎日違う名前がニュースを賑わせている。

でもここに来て信頼できる情報が。

「FA offers England job to Scolari」
「FA(イングランドサッカー協会)がスコラーリにオファー」

ジーコと同じブラジル人で2002年W杯でブラジルを優勝に導いた
ルイス・フェリペ・スコラーリ
現在のポルトガル代表監督の契約はW杯終了まで。

日韓W杯でブラジルを率いて、そしてEURO2004ではポルトガルを率いて
2度もイングランドを倒した経験を持つ監督。

「スコラーリは次期監督として正しい選択か?」というBBCのアンケートでは
3万人以上が回答し、賛成が65%、反対が35%。
外国人を受け入れることに否定的なイギリス人にしてはかなり良い結果なのでは?

W杯を目前に控えて選手の移籍や次期監督候補の話題が活発になる頃。
どうでもいいけど、まだドイツW杯は終わってない。始まってもないんだけどね。

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング


  1. 2006/04/27(木) 22:01:52|
  2. World Cup 2006|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「バルサvsミラン」オッズ


Life is Champions League

毎年恒例「フランス・フットボール」誌によるお金持ちランキング。
今年の1位はロナウジーニョ
2位には昨年までトップだったベッカム
さらにロナウド、オーウェン・・・という結果。
ちなみに一番稼いでいる監督はチェルシーのモウリーニョ
2位にはイングランド代表監督のエリクソン
イングランド勢強し。

人気も実力も富も名声も手に入れたロナウジーニョ。
それでも今一番ほしいものはきっとCLタイトル。

2006.4.25 23:30現在(Ladbrokes.com)

result odds
Barcelona win 1.72
Draw 3.20
Milan win 4.33

第1戦のサンシーロではジュリが貴重なアウェイゴールを決め、
0-1でバルサの勝利。
この流れからみてバルサ有利の予想?

それではこの試合で1点目を決めるのは?

2006.4.25 23:30現在(Ladbrokes.com)

1st goalscorer odds team
Samuel Eto'o (エトー) 
Ronaldinho (ロナウジーニョ)  5.5
Filippo Inzaghi (インザーギ) 
Henrik Larsson (ラーション) 
Andriy Shevchenko (シェフチェンコ)  
Maxi Lopez (ロペス) 
Marcio Amoroso (アモローゾ) 
Alberto Gilardino (ジラルディーノ) 
Santiago Ezquerro (エスケーロ) 
Ludovic Giuly (ジュリ)  10

第1戦を発熱で欠場したインザーギに期待。
同じく累積で第1戦に出場できなかったデコのコメント。

「We need to stay calm and be patient. The Champions League
is a dream and proves a team has truly great players」
「私達には落ち着きと忍耐強さが必要だ。チャンピオンズリーグ優勝は夢であり、
またそれはチームに本当の意味での偉大な選手がいることの証でもある」

ポルト時代にCL優勝を経験してるデコの言葉だけに重みがある。

今日の深夜からナビスコをはさんでCL2試合。
とりあえずW杯前の最後の山場かな?

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング


  1. 2006/04/25(火) 23:14:28|
  2. 05-06 Champions League|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「ビジャレアルvsアーセナル」オッズ


Life is Champions League

今シーズンのアーセナルはタイトルなし・・・
と、99%確信したのはいつのことだったか。
今は99%CL優勝を確信してる。ではなくて確信したい。

2006.4.24 23:30現在(Ladbrokes.com)

result odds
Villarreal win 2.25
Draw 3.00
Arsenal win 2.87

ビジャレアルはタッキナルディが累積警告で出場停止。
アーセナルはセンデロスがケガで戦線離脱。
代わりにスタメンで出場しそうなのがキャンベル
ヴェンゲル曰く、「ちょっとギャンブルではあるが・・・」
確かに。
Unflying Dutchmanは今回も飛ばず。

週末のリーグ戦では、CL第1戦のメンバーを10人も温存し
明日の試合にかける意気込みを見せたビジャレアル。
一方アーセナルは、プレミアで4位を争う相手スパーズとの対戦。
数人をベンチスタートにするのが精一杯だった。

それでもなぜか楽観的なのは↓のおかげ?

9.Arsenal 1-0 Villarreal
8.Juventus 0-0 Arsenal
7.Arsenal 2-0 Juventus
6.Arsenal 0-0 Real Madrid
5.Real Madrid 0-1 Arsenal
4.Arsenal 0-0 Ajax
3.FC Thun 0-1 Arsenal
2.Arsenal 3-0 Sparta Prague
1.Sparta Prague 0-2 Arsenal

アーセナルが更新し続けているCL無失点記録。
この記録を明日も更新すれば、決勝進出は確実。

最後はこの大事な一戦へ向けてのインタビューで
同じような回答をした2人のコメント。

「We'll try to go forward and put a lot more pressure
on Arsenal at El Madrigal」
「エル・マドリガルでは我々は積極的になるだろう。そしてアーセナルに
より多くのプレッシャーをかけるつもりだ」

第1戦は完敗だったがまだ終わったわけではない、と語るのは
ビジャレアルのディエゴ・フォルラン

これに対しヴェンゲル

「we will try to play at a high pace. I think they'll try to
up theirs as well so you should see a much more exciting game
in the second leg」
「私達はハイペースで試合を進めるつもりだ。ビジャレアルも同様にペースを
あげてくるだろう。第2戦はこれまで以上に面白い試合になりそうだ」

今シーズンのCLは打ち合いのような試合があまりないから
そろそろこの辺で見たいかも・・・
なんて言ってると足元すくわれそうなので、
今まで通り無失点でしっかりきっちり勝ってくれれば満足。

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング


  1. 2006/04/25(火) 00:44:01|
  2. 05-06 Champions League|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ベルカンプの引退試合


Life is Arsenal

Highburyでの試合も今日のスパーズ戦を終え、残り1試合。
5/7 ウィガン・アスレチック戦を残すのみ。

ハイベリーのラストに向け、アーセナルのホーム試合には
毎試合テーマが設けられている。
先日のウェストブロム戦は「ベルカンプ・デー」

「Turn Higubury Orange!」を合言葉にオレンジに染まったハイベリー。
この試合を締めくくったのは
「ベルカンプのベルカンプによるベルカンプらしいゴール」

「Orange has nothing to do with Arsenal or England,
so it is good that they came out and supported me like that」

「オレンジはアーセナルともイングランドとも何の関係もないのに、
ああやって私をサポートしてくれるのは素晴らしいことだ」

数千人のガナーズサポーターがオレンジのTシャツを着て
応援してくれたことに対するベルカンプのコメント。

「I have always said Dennis Bergkamp will remain the best
partner I have ever had. He is a dream for a striker」

「いつも言っているけど、ベルカンプは今までプレーした中でも
最高のパートナー。彼はストライカーにとっての夢のような選手だ」

と、今シーズンで引退する同僚を絶賛するのはキャプテンのアンリ

「Sometimes you have players who do not have to talk,
you just have to watch them and that is the case with Dennis」

「選手の中にはあまり話す必要がなく、ただ観察するだけでいい選手もいる。
それがつまりデニスだ」

アンリはこう付け加えた。
1本のパスで相手チームを黙らせてしまう。
そんなベルカンプのプレーに感服しつつ、多くを学んだという。

世界最高のストライカーの1人から「夢のパートナー」という
賛辞を送られたベルカンプ。まだまだやれるんじゃない?という気もするけど、
早々とベルカンプの引退記念試合が計画されました。

2006年7月22日 アーセナルvsアヤックス
アーセナルの新しい本拠地となるエミレーツスタジアムのこけら落とし。
過去の選手も含めたたくさんのアーセナル関係者が招待されるこの試合で
ベルカンプは最後のプレーを見せてくれる。

今一番気になるのは、この試合をスカパーが中継してくれるかどうか?
そしてこの記念すべき試合のピッチにアンリが立っているかどうか?
オッズをつけると・・・どちらも2桁いきそう。

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング


  1. 2006/04/22(土) 23:05:04|
  2. Arsenal|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

J第9節オッズ


Life is J.LEAGUE

W杯まであと50日をきりました。
代表入りが微妙な選手は、中断期間までの残り少ない試合で
結果をだそうとかなりモチベーションがあがっているはず。
totoやファンタジーサッカーをする時はその辺注意しないとね。
ジーコが観に行く試合は特に要注意。

それではジーコも注目、J第9節オッズです。

J1第9節
2006.4.21 22:00現在(PlayIt.com)

DATE 対戦カード HOMEの勝ち 引き分け AWAYの勝ち
4/22 名古屋 vs 川崎F 2.65 3.15 2.40
4/22 G大阪 vs F東京 1.50 3.80 5.50
4/22 大宮 vs 大分 1.95 3.30 3.40
4/22 千葉 vs 磐田 2.00 3.20 3.35
4/22 京都 vs 鹿島 2.95 3.15 2.20
4/22 広島 vs C大阪 2.20 3.10 3.00
4/22 清水 vs 浦和 3.60 3.40 1.85
4/23 甲府 vs 横浜FM 2.40 3.20 2.60
4/23 福岡 vs 新潟 2.70 3.10 2.40

穴狙い?と思うようなオッズもちらほら。
今節の注目は「広島 vs C大阪」
前節終了後に相次いで監督を解任した2チーム。
このタイミングでこの対戦。
新しく就任した監督にとって相手も同じ状況というのは
やりやすいのか、やりにくいのか?
とにかくメディアもサポーターも注目の一戦になりそう。

J2第11節
2006.4.21 22:00現在(PlayIt.com)

DATE 対戦カード HOMEの勝ち 引き分け AWAYの勝ち
4/22 札幌 vs 柏 2.65 3.05 2.35
4/22 山形 vs 仙台 2.65 3.05 2.35
4/22 水戸 vs 徳島 2.05 3.20 3.00
4/22 草津 vs 横浜FC 2.65 3.05 2.35
4/22 愛媛 vs 湘南 1.75 3.40 3.75
4/22 神戸 vs 東京V 2.40 3.25 2.45

今節もありました、ダービーマッチ。
「山形 vs 仙台」「みちのくダービー」
Jリーグには一体いくつのダービーがあるんだろう?
高木監督就任後波に乗る横浜FCにも注目。

来週はまた、火曜、水曜でCL準決勝第2戦、さらにナビスコ。
CL→仕事→博多の森→CL→そのまま仕事、な生活。
これもまたW杯の過密スケジュールを耐える為の訓練と思えば・・・

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング


  1. 2006/04/21(金) 22:21:06|
  2. J.LEAGUE|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

俊輔 on FIFA.com


Life is Japan blue

久しぶりにFIFAのサイトを見ると、ヴェンゲルのにらみが怖い。
ではなくて、その隣に俊輔が。
「Nakamura savours Scottish adventure」
「スコットランドの冒険を堪能する中村」というタイトルの特集。

俊輔 on FIFA.com

セルティックでの活躍、スペインへの移籍の噂などについて
俊輔本人がFIFAのインタビューに答えています。その中からいくつか抜粋。

***************************************************
the first Asian player
スコットランドへ移籍してきた外国人選手が皆、活躍できたわけではない。
中には期待されながらも不名誉な成績に終わった選手もいた。
そんな中で中村俊輔はチームに愛され、スコットランドでタイトルを獲得した
初のアジア人選手となった。

「自分の成し遂げたことを評価できるのはキャリアを終える時だとは思うが、
セルティックで優勝できたことはこれまでを振り返ると最高の出来事だった。」


The touch of an angel
ストラカン監督は中村のボールの持ち方をこう表現する。
彼のおかげで、セルティックの攻撃に新しい一面が生まれた。
先日、4-1で勝利した Kilmarnock戦でのFKは、彼がなぜサポーターに
愛されているかを分からせてくれるような素晴らしいゴールだった。

「ここのサポーターはサッカーを分かっている。彼らは試合をよく観察し、
どんな些細なプレーも見逃さない。良いプレーをすれば拍手が起こる。
選手にとっては何よりも嬉しいことだ。イタリアで拍手が起こるのは
いいタックルをした時とゴールを決めた時だけだった」


Next stop Spain?
それでも彼はスペインでプレーしたいという願望を隠そうとはしない。
Athletico Madrid、Deportivo La Coruna、Racing Santander、
この3チームは彼の夢を喜んで叶えたいと申し出ている。

「ここへ来たことは正解だった。自分自身を向上させる為に
スコットランドへ来たが、同時にセルティックというチームのレベルを
あげることも目的だった。そしてその両方を達成できたと思っている」


***************************************************
移籍後1年で2つの目標を達成してしまったのは
本人にとっても計算外だったかもしれない。
でもそのおかげで、俊輔のサッカー人生の中で最も充実した時期に
W杯を迎えることができそう。

移籍の目的を全て達成してしまった、ということは、
W杯後はスペインへ!なのかな?
コチラ↓で確認してください。
Nakamura savours Scottish adventure

何度も何度も言ってるけど、いつになったらFIFAは日本語に対応してくれるかな?
日本には大切なスポンサーがたくさんいるはず・・・

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング


  1. 2006/04/20(木) 20:58:11|
  2. Japan blue|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「アーセナルvsビジャレアル」オッズ


Life is Champions League

昨日に引き続き、今日もCL第1戦オッズを。
明日深夜(あさって早朝)キックオフの「アーセナルvsビジャレアル」戦。
アンリの来シーズンを左右する大事な試合。

2006.4.18 22:00現在(Ladbrokes.com)

result odds
Arsenal win 1.57
Draw 3.25
Villarreal win 5.50

準決勝でこんなにオッズの差が開くのは珍しい。

復帰直後に鼻骨を骨折したキャンベルが欠場。
さらにファブレガスもケガの為欠場濃厚。
代わりにケガから復帰できそうなのはリュングベリ

アーセナルはこれまでの試合で8戦連続無失点。
CL新記録!さらに更新してほしい・・・

8.Juventus 0-0 Arsenal
7.Arsenal 2-0 Juventus
6.Arsenal 0-0 Real Madrid
5.Real Madrid 0-1 Arsenal
4.Arsenal 0-0 Ajax
3.FC Thun 0-1 Arsenal
2.Arsenal 3-0 Sparta Prague
1.Sparta Prague 0-2 Arsenal

最後は大事な1戦を直前に控えた両監督のコメントで。

「Against Barcelona or Milan it would be in a situation where we would have a little less pressure, mental pressure but because we knocked out Juventus and Real Madrid people think we are a little favourites」

「バルセロナやミランが相手だったら、精神的なプレッシャーはもっと少なかった
かもしれない。それはこれまでにユヴェントスやマドリーといった
私達が不利と思われる相手に勝ってきたからだ。」

このゲームは50/50になるだろう、と予想したヴェンゲルのコメント。
挑戦者の立場で試合に臨むのと、それを受けてたつのとでは
試合運びも変わってくるはず。
いつも強気なヴェンゲルの珍しく弱気なコメントがちょっと気になる。

「I'm glad we are playing Arsenal because when we faced Premiership sides this season, they thought we were some sort of easy option and were too confident. If sides don't show us respect we will beat them, because we are becoming one of the best teams in Europe.」

「アーセナルと試合ができて嬉しく思っている。今シーズンプレミアのチームと
対戦したときは彼らは私達を容易な相手だと思い、自信過剰になっていた。
もしチームが私達に尊敬を示さなければ、私達は彼らを打ち負かす。
私達は欧州のベストチームの1つになりつつある。」

挑戦者はやっぱりプレッシャーが少ない、というのを
証明してくれるようなペジェグリーニ監督のコメント。

そういえば、アーセナルがマドリーやユーヴェと対戦したときは
ヴェンゲルもこんな感じで自信たっぷりに語ってた。

この試合は上のオッズほど簡単にはいかない予想。

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング


  1. 2006/04/18(火) 22:44:53|
  2. 05-06 Champions League|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「ミランvsバルサ」オッズスペシャル


Life is Champions League

週末のJリーグの結果に落ち込む暇もなく
明日、あさってはCL準決勝第1戦。
準決勝からは1日1試合だ!と喜んでたら、
結局どっちもライブでみるから2日も寝不足が続くということ。
今、気付いた。

まずは明日深夜キックオフの「ミランvsバルサ」オッズから。

2006.4.17 22:30現在(Ladbrokes.com)

result odds
Milan win 2.25
Draw 3.00
Barcelona win 2.87

バルサはデコが累積警告で出場停止。
ミランは準決勝に進出した4チームの中で唯一出場停止なし。

この試合ではCLゴールランキング1位と2位の対戦も。
現在トップを走るのは9得点のシェフチェンコ
2位は7ゴールのロナウジーニョ

それではこの試合で1点目を決めるのは?

2006.4.17 21:30現在(Ladbrokes.com)

1st goalscorer odds team
Andriy Shevchenko (シェフチェンコ)  5.5
Samuel Eto'o (エトー) 
Filippo Inzaghi (インザーギ) 
Henrik Larsson (ラーション) 
Alberto Gilardino (ジラルディーノ)  
Ronaldinho (ロナウジーニョ) 
Santiago Ezquerro (エスケーロ) 
Maxi Lopez (ロペス) 
Marcio Amoroso (アモローゾ) 
Kaka (カカ)  11

上位はいい感じにM、B、M、Bと並びました。
ラーションは太もものケガの為欠場予定。
インザーギも発熱、しかも高熱らしく出場は微妙な様子。
でも一番寂しいのはここにメッシがいないこと。

シェフチェンコとロナウジーニョの得点王争いに加えて
この対戦で注目されているのは、
アンチェロッティライカールト、両監督の旧友対決。

現役時代は共にACミランの選手として、チームをCL優勝へと導いた。
アンチェロッティ46歳、ライカールト43歳。
優勝を経験している2人だけに、これから決勝までの戦い方は
すでに計算されているはず。

以下、両監督の共同記者会見でのコメント。

「Milan is a team with a lot of experience, a great system of
play and a very strong defence. It will be very interesting to
see how we react against an opponent of this nature」
「ミランは経験があり、素晴らしいシステムと強力なディフェンスを
もったチームだ。そういう相手に対して我々がどう対応するか、大変興味深い」

相手を尊重しつつ、この試合への意気込みを語ったライカールト
一方、アンチェロッティは次期マドリー監督就任の噂について、

「This rumour only proves that Italian coaches are still
very popular.As much as Dutch coaches」
「この噂はイタリア人コーチがまだ人気があるということを証明したにすぎない。
オランダ人コーチももちろんそうだけどね」

お互いを尊敬しながらも、今の自分の置かれた立場をきちんとわきまえた発言。

終了のホイッスルと共にこの2人が固い握手をするような、
できれば熱い抱擁(しないかな?)するくらいのいい試合を見せて欲しい。

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング


  1. 2006/04/17(月) 23:02:31|
  2. 05-06 Champions League|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ヒルズボロから17年


Life is football

プレミアリーグ、リーガ・エスパニョーラ、セリエA。
人気だけではなく歴史も伝統もあるリーグ。
でもその歴史には輝かしいものばかりではなく、辛い過去もある。

1989年4月15日
FAカップ準決勝、リバプールvsノッティンガム・フォレスト戦。
試合は中立地シェフィールドに位置するヒルズボロ・スタジアムで行われた。
試合前からスタジアムは超満員の盛り上がり。
しかしキックオフから数分後、サポーターの熱気を一瞬にして奪うような事件が。

死者96名、負傷者200名
15時にキックオフを迎えると、スタジアム内へ入れずに外にいた
リバプールサポーターがゲートに押し寄せ、その勢いに負けゲートが開けれらる。
いっきにサポーターが立見席へとなだれ込む。
後ろから前方へ押し出された多くのサポーターが
客席の前に設置されたフェンスに押し付けられ、
圧迫死というかたちで命を落とすことになった。

Never Forgotten 96Tribute to the Hillsborough 96
↑You'll never walk alone にのせて
ヒルズボロの悲劇の犠牲となった96人の
サポーターの名前が表示されます。


You'll never walk alone
この年のFAカップ決勝戦は「リバプール vs エバートン」
FAカップ決勝では試合前に国歌斉唱を行うのが慣例。
しかし歌われたのは「You'll never walk alone」
マージーサイドダービーでリバプールとは常に競いあってるエバートン側も
この歌を合唱することを快諾したらしい。

このヒルズボロの悲劇の後、イギリスではスタジアムの立見席や
フェンス、不要な看板は全て撤去されることになった。

新しいスタジアムの多い日本ではこのような事故が起こることは
考えにくい。それでもこれから長い歴史を重ねていく中で
一切起こらないとも言い切れない。

17年前の今日、自分達と同じようにチームの勝利の瞬間を見届ける為に
スタジアムへ向かった人たちが2度と戻ってくる事のなかった、
この事実を今後の教訓としてもらいたい。

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング


  1. 2006/04/15(土) 16:43:04|
  2. football|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

J第8節オッズ


Life is J.LEAGUE

今日は気になるニュースがたくさん。
・メッシがケガの治療に専念する為アルゼンチンへ帰国
・アーセナルのキャンベルが復帰したのもつかの間、鼻骨を骨折
・ベルカンプの引退セレモニーはアーセナルvsアヤックス戦

メッシは順調に回復していて最近練習を再開したばかりだったのに。
キャンベルは暫く試合から遠ざかっていたし、代表入りも厳しそう。
そして一番気になるのはベルカンプのニュース。
詳細はまた別の機会に書きますが、明日のアーセナルvsWBA戦は
タイミングよく「ベルカンプ・デー」です。
明日ばかりはアーセナルサポーターもオレンジを身に付けて観戦する予定。

それではハイベリーがオレンジにそまりそうな週末の、Jリーグオッズです。

J1第8節
2006.4.14 22:00現在(PlayIt.com)

DATE 対戦カード HOMEの勝ち 引き分け AWAYの勝ち
4/15 鹿島 vs 清水 1.72 3.20 4.33
4/15 浦和 vs 京都 1.36 3.75 8.00
4/15 C大阪 vs 福岡 1.90 3.00 3.75
4/15 大分 vs 甲府 2.00 3.20 3.20
4/15 新潟 vs 名古屋 2.10 3.20 3.00
4/15 F東京 vs 千葉 2.00 3.20 3.20
4/15 横浜FM vs G大阪 2.25 3.20 2.75
4/16 川崎F vs 大宮 1.66 3.25 4.50
4/16 磐田 vs 広島 1.90 3.00 3.75

浦和vs京都、オッズ8倍は今シーズンの最高。

注目は7節を終えて4位のマリノスと2位のガンバの対戦。
ケガ人の多いマリノスとACLを終えたばかりのガンバ。
オッズはややマリノス有利。

そして1勝6敗で18位のセレッソと4分け3敗で16位のアビスパ
この2チームは同じ年にJ2へ降格。
まだ始まったばかりではあるけど、降格圏内で再び出会うとは。
アビスパは序盤でケガをした選手が続々と戻ってきてるので
これからの巻き返しに期待。

J2第9節
2006.4.14 22:00現在(PlayIt.com)

DATE 対戦カード HOMEの勝ち 引き分け AWAYの勝ち
4/15 札幌 vs 湘南 1.80 3.30 3.65
4/15 仙台 vs 横浜FC 1.95 3.30 3.15
4/15 山形 vs 徳島 2.40 3.40 2.40
4/15 東京V vs 草津 1.45 3.75 5.75
4/15 柏 vs 神戸 1.60 3.40 4.65
4/15 水戸 vs 鳥栖 1.90 3.25 3.35

現在3位の横浜FCと4位の仙台が対戦。
前節、柏の連勝を止めて4連勝と波にのる横浜FC。
高木監督なかなかやるなぁ。
だけどオッズ的にはどうなんだろう?

春だというのに寒さが戻ってきた今日この頃。
ナイトゲームもあるようなので、スタジアムに観戦に行かれる方は
防寒対策を忘れずに。選手同様、W杯前の大事な時期ですから。

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング


  1. 2006/04/14(金) 22:28:06|
  2. football|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

【PFA Player of the Year】 は誰の手に


Life is football

プレミアリーグも終盤を迎え、今年もそろそろこの季節。
PFA Player of the Year

今シーズンの候補者6名が発表になりました。
オッズとともにどうぞ。

2006.4.13 22:00現在(Ladbrokes.com)

nominees odds team
Wayne Rooney (ルーニー)  1.66 Man United
Steven Gerrard (ジェラード)  Liverpool
Thierry Henry (アンリ)  Arsenal
John Terry (テリー)  Chelsea
Frank Lampard (ランパード)   13 Chelsea
Joe Cole (コール)  15 Chelsea

【PFA】とは、Professional Footballers' Association のこと。
1907年にイギリスで設立されたイングランド選手協会。
世界最古の選手協会で現在のメンバーは約4000名だそうです。

PFAメンバーの投票により、今シーズンのプレミアリーグで
最も活躍した選手を選ぶのが 【PFA Player of the Year】
同じピッチでプレーしてる選手に選ばれるのってどんな気持ちだろうね。

ちなみにこれまでの受賞者は
2005 ジョン・テリー (チェルシー)
2004,2003 ティエリー・アンリ (アーセナル)
2002 ルート・ファン・ニステルローイ (マンチェスターUtd.)

シェリンガム、ロイ・キーン、さらにさかのぼれば
ベルカンプ、シアラー、カントナ、リネカーなどそうそうたる顔ぶれ。

23歳以下の選手を対象にした 【PFA Young Player of the Year】
こちらの候補者は

Darren Bent (Charlton)
Cesc Fabregas (Arsenal)
Anton Ferdinand (West Ham)
Aaron Lennon (Tottenham)
Cristiano Ronaldo (Man United)
Wayne Rooney (Man United)

最近お騒がせのルーニーは両方でノミネートされてる。
W受賞もありえるのかな?
昨年の受賞者はルーニーでした。
ベッカム、オーウェン、ジェラードもみんな受賞済。
個人的にはファブレガス、C・ロナウドに期待。

発表は4月23日

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング



  1. 2006/04/13(木) 22:46:56|
  2. football|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

W杯決勝はゴールデンボール?


Life is World Cup 2006

W杯まであと59日。
JリーグやCL に夢中になってる間に着々と近づいてる。
ということで、今日のちょっと気になるW杯ニュース。

The World Cup final will be played using a gold-coloured ball
「W杯決勝戦ではゴールドのボールを使用」

英紙「The Times」の記事から抜粋。
日本語でソースを探そうと思ったけど、どこにもない。
ほんとかな?という疑問も少しありつつ・・・

記事の内容は、「今回のW杯では1994年アメリカW杯以来、
センスの良い黒と白のボールが使用される-決勝戦を除いて」
というもの。
なんとなく日韓W杯の斬新すぎた公式球を批判しているような。

QuestraTricoloreFevernova+Teamgeist

左から94年「Questra」、98年「Toricolore」、
2002年「Fevernova」、そして2006年「+Teamgeist」


94年まではずっと黒白ベースの公式球。
98年大会は開催国フランスにちなんでトリコロールに。
これが世界初のカラフルな公式球になったそう。
さらに2002年日韓W杯では、78年以降受け継がれてきた
「Tango」シリーズから一変、色だけでなくデザインそのものが変化した。
そして今回のドイツ大会ではドイツのチームカラーということもあって
再び黒と白を基調とした公式球に。

こうして見るとFevernova、やっぱり浮いてる。
アジア初のW杯だったし、個性があるとも言えるけど。

と、公式球の歴史をちょっと振り返ったところで、
また話は戻りますが、今回のW杯決勝戦で使用されたゴールドのボールは
その後4年間、優勝チームだけが全ての試合での使用を許可されるそうです。


W杯トロフィーは試合毎に持ち運ぶことはできないけど、
ボールなら常にチームと一緒に国内や海外のどこにでも行ける。
ゴールデンボール=世界一のステータス

日本代表がW杯後にゴールドのボールで軽く親善試合・・・
いいね、このアイデア。

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング


  1. 2006/04/11(火) 23:10:33|
  2. World Cup 2006|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

ルーニーはどこへ行く?


Life is football

マンチェスター・ユナイテッドvsアーセナル
プレミアで1番楽しみな対戦。
Man of the matchにも選ばれたルーニー
1ゴール1アシストという活躍でユナイテッドの勝利。
やっぱりルーニーはやるなぁ・・・と思ったのもつかの間。

Wayne Rooney faces rumours of a potential rift with
other England players over gambling debts.

翌日、イギリスの新聞各紙が揃って報道したルーニーの借金に関する噂。

1億4000万
賭け事などから生じたルーニーの借金は
およそ70万ポンド(日本円で1億4000万!)。
オーウェンのビジネスパートナーからも借金があるらしく
この金銭トラブルがイングランド代表に不和をもたらすのでは?と
危惧されている。

週給1000万
ルーニーはピッチ内で週に5万ポンド(約1000万)、
さらにピッチ外でもスポンサー契約などで年に数百万ポンドの収入を得ている。
ちなみにまだ20歳です。

ルーニーの借金については噂の域を越えていないので何とも言えないけど、
ルーニーだけではなく他の選手も競馬やドッグレース、
さらに自分の関わらないサッカーの試合の賭けを楽しんでいることは事実。

FIFAのルール
FIFAは今回のW杯で賭けをして逮捕された選手は
FIFAから除名するという決まりになっているらしい。
ただ、今のところプライベートでの賭けを禁止するようなルールは特にない。

ルーニーを1人の20歳の若者と考えた時、
年に数億ものお金を手にしたら、どういうことになるかは大体わかるはず。
FAもこれを機に何か対応を考えてもらわないと・・・

この件に関してエリクソン監督は近々ルーニーと会って話しをする予定。
自分の進路もまだ決まってないのに代表監督も大変だね。

エリクソン監督 ルーニー
↑ルーニーの記事を検索していてBBCのサイトで偶然見つけたお面。
ダウンロードして切って作るタイプです。

これをはめて、
「お前借金があるんだって?」
「いえ、僕何もやってません」

って、遊ぶ為に作られたものじゃ・・・ないよね。

他にベッカム、アンリ、そしてなぜかコッリーナのお面もあり。
ダウンロードはこちら↓から
Be Rooney for the day!

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング


  1. 2006/04/10(月) 23:28:22|
  2. football|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

J第7節オッズ


Life is J.LEAGUE

今週末は絶好の観戦日和になりそう。
よく考えると、シーズン中、スタジアムで気持ちいいな~と思う季節は
ほんとに限られてる。大体暑いか寒いか・・・

それでは好天に恵まれそうなJリーグ第7節(8節)オッズです。

J1第7節
2006.4.7 21:30現在(PlayIt.com)

DATE 対戦カード HOMEの勝ち 引き分け AWAYの勝ち
4/8 甲府 vs 新潟 2.20 3.20 2.90
4/8 大宮 vs 横浜FM 2.60 3.20 2.40
4/8 千葉 vs C大阪 1.80 3.40 3.80
4/8 名古屋 vs 京都 1.75 3.40 4.05
4/8 広島 vs 川崎F 2.50 3.20 2.50
4/8 F東京 vs 磐田 2.30 3.20 2.75
4/8 G大阪 vs 鹿島 2.10 3.20 3.10
4/9 清水 vs 大分 2.10 3.20 3.10
4/9 福岡 vs 浦和 3.20 3.20 2.05

「平成の川中島合戦」とサブタイトルがついたのは「甲府vs新潟」
「甲斐vs越後」「信玄vs謙信」・・・
エンブレムの代わりに家紋をユニフォームに付けた選手が入場。
その後、ほら貝がキックオフを告げ、
得点が入ると近くの山にのろしがあがるらしい。

ウソ。むしろそこまで徹底してくれると面白いけど。
真剣勝負ですから。失礼しました。

J2第8節
2006.4.7 21:30現在(Ladbrokes.com)

DATE 対戦カード HOMEの勝ち 引き分け AWAYの勝ち
4/8 湘南 vs 山形 1.65 3.50 4.15
4/8 草津 vs 仙台 2.45 3.20 2.45
4/8 横浜FC vs 柏 2.70 3.20 2.25
4/8 愛媛 vs 水戸 1.90 3.25 3.35
4/8 鳥栖 vs 東京V 2.80 3.35 2.10
4/8 神戸 vs 札幌 1.80 3.30 3.65

注目は連勝同士の対戦、「横浜FCvs柏」
それぞれ4連勝、7連勝をかけての戦い。
オッズも大差はない。
このまま柏が独走しそうな気もするけど、それを止められるのは
今勢いのある横浜FC、ということかな?

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング


  1. 2006/04/07(金) 22:38:19|
  2. J.LEAGUE|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

最後のハイベリーカウントダウン


Life is Highbury stadium

CLベスト4が出揃いました。

同時刻キックオフのどの試合をライブで見るか、
録画した試合の結果をいかに避けて1日を過ごすか、
などという悩みからも解消される。
ちょっと寂しい気もするけど、これからは1日1試合に集中。
以下CL 準決勝日程です。

ミラン vs バルセロナ
第1戦 4/18 at ジュゼッペ・メアッツァ
第2戦 4/26 at カンプノウ


アーセナル vs ビジャレアル
第1戦 4/19 at ハイベリー
第2戦 4/25 at エル・マドリガル


決勝戦は5/17 パリ、スタット・ドゥ・フランス。

Highburyということで、今シーズン終了と共に
93年間の長い歴史の幕を閉じる
ハイベリーの残り試合が確定した。
前回のカウントダウンに続き、今回は
「最後のハイベリーカウントダウン」です。

4. ARSENAL v WEST BROM
4/15 Premiership
3. Arsenal v Villarreal
4/19 Champions League Semi Final
2. ARSENAL v TOTTENHAM HOTSPUR
4/22 Premiership
1. ARSENAL v WIGAN ATHLETIC
5/7 Premiership

ハイベリーのラストに向けてアーセナルホームゲームには
毎試合なんらかのテーマが準備されている。

次のホームゲーム、4/15WBA戦は「デニス・ベルカンプ・デー」
1995年にハイベリーにやってきたベルカンプの
11年間の献身と活躍を称える日。

キーワードは 「Turn Highbury orange!」
現在予定されているイベントは

・ベルカンプの11年間の栄光を表彰
・選手がオレンジのビブスでウォーミングアップ
・オレンジの「DB10」Tシャツをサポーターに配布

 (座席に敷かないように、の注意書きあり)
・アヤックスファンを招待

などなど。イベントはまだまだ計画中らしい。
オレンジに染まるハイベリー・・・
スタジアムの大きなビジョンに映しだされるベルカンプの映像・・・

4/15 真剣にロンドンに行こうかと考えてみる。
10分であきらめたけど、想像だけでも幸せな10分だった。

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング


  1. 2006/04/06(木) 22:20:00|
  2. stadium|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「ユヴェントスvsアーセナル」オッズスペシャル


Life is Champions League

ゴール後に雄たけびをあげるインザーギの口には
こぶしが余裕で入りそう。ということを確信した今朝の試合。

いよいよ今夜はCL準々決勝第2戦 「ユヴェントスvsアーセナル」
もう1試合の「バルサvsベンフィカ」オッズは↓をご覧下さい。

2006.4.5 21:00現在(Ladbrokes.com)

result odds
Juventus win 1.80
Draw 3.50
Arsenal win 3.50

この1戦の為に用意されたオッズはざっと20項目以上。
それだけで注目度の高さを感じる。

第1戦はハイベリーでアーセナルが2-0の完勝。
ケガ人が続々復帰しているアーセナルに対し、
ユーヴェはデル・ピエロが今回も欠場。
さらに累積警告でヴィエラ、ゼビナ、カモラネーシも出場停止。
でもその穴を埋めるべく戻ってきたのが熱い男、ネドヴェド。
昨日の試合同様、カードが乱れ飛びそうな予感。

この試合で最初にカードをもらうのは?

2006.4.5 21:00現在(Ladbrokes.com)

First card odds team
Pavel Nedved (ネドヴェド) 
Zlatan Ibrahimovic (イブラヒモヴィッチ) 
Giorgio Chiellini (キエッリーニ)  10
Ruben Olivera (オリヴェーラ)  10
Jose Antonio Reyes (レジェス)   11
Francesc Fabregas (ファブレガス)  13
Gilberto Silva (シウバ)  13
Mathieu Flamini (フラミニ)  13

カペッロが「常に特別な存在」と称賛するネドヴェドが1枚目をもらう予想。
カードに関してはユヴェントス有利。

最終的に準決勝に駒を進めるのは?

2006.4.5 21:00現在(Ladbrokes.com)

result odds
Juventus    4.50
Arsenal     1.16

いろんなところでマッチプレビューを見ていると、
今日はいいコメントがいっぱい。せっかくなのでいつもより多めに。

まずは両チームのキャプテンから。

「our greatest motivation is that we know that everything
is possible if we play as we did in the home game」
「我々の原動力となるのは、ホームゲームの時と同じように戦えば
どんなことも可能だということをみんなが理解していること」

と、前回のハイベリーでの試合を「一体感が生んだ勝利」
キャプテンらしく語ったのはアンリ
そのアンリのことを「誰も止められない悪魔」と表現した
ユヴェントスのキャプテン、テュラム

「Player by player we're superior to Arsenal and it will not
be a surprise if we were to get three or four goals」
「選手個人個人では私達はアーセナルよりすぐれている。
私達が3ゴール、4ゴールをあげたとしても驚くべきことではない」

続いて両監督。

「Miracles do happen,We are convinced we can do something
extraordinary. In football anything can happen」
「奇跡は必ず起きる。私達は特別なことができると確信している。
フットボールではどんなことも起こりうる」

と、長嶋監督ばりにmake miracleを語ったのはカペッロ
それに対してヴェンゲル

「With the experienced side we face, no matter what happens
we will have to be fully focused for 90 minutes」
「私達が立ち向かうのは経験豊富なチーム。たとえどんな事が起こっても
私達は90分間完全に試合に集中しなければならない」

今日の試合にはこのヴェンゲルの言葉がぴったりなのかも。
余計なことは考えず、ただただ90分間目の前の試合に集中する。
それができたチームにはおのずと結果がついてくる。

私も明日の仕事の事は一切考えず、90分間ただただ集中。
結果は?何もついてこないだろうね・・・

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング


  1. 2006/04/05(水) 22:14:30|
  2. 05-06 Champions League|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「バルサvsベンフィカ」 オッズスペシャル


Life is Champions League

1日のクラシコに続き明日はCLベンフィカ戦。
バルセロナの街は大変なことになってそう。

1日のカンプノウの入場者数は98,000人!
アビスパの博多の森入場者数の10試合分。いや、それ以上かな?
バルセロナと福岡市の人口はたいして変わらないのにこの差はなんだろう。
歴史が違うと言えばそれまでだけど・・・

100年を越えるFCバルセロナの歴史に
また1つ新しいタイトルが加わるのでしょうか?
それではCL準々決勝第2戦「バルサvsベンフィカ」オッズです。

2006.4.4 22:30現在(Ladbrokes.com)

result odds
Barcelona win 1.28
Draw 4.33
Benfica win 9.00

第1戦はベンフィカホームで0-0のスコアレスドロー。
バルセロナにとってかなり有利な展開。

バルサの嬉しいニュースと言えばメッシが練習を再開したこと。
試合復帰はまだ先のようだけど。
「練習を開始した」とか「ボールを蹴った」などで
ニュースになるあたり、レッズの田中達也と重なる。
敵味方関係なく誰もが復帰を待ち望んでる選手だから。

話はそれましたが、それでは準決勝に駒を進めるのは?

2006.4.4 22:30現在(Ladbrokes.com)

result odds
Barcelona  1.20
Benfica 4.33

最後は先週土曜日のマドリー戦を1-1で引き分けた後の
ライカールト監督の言葉。

「If we'd scored lots of goals on Saturday, it might have been
harder to score against Benfica. As it is, the team now has
even more desire to beat Benfica」

「もし土曜日の試合でゴールを量産していたら、
ベンフィカ戦で得点するのが困難になっていたかもしれない。
つまり、今我々はベンフィカに勝つことをより望んでいるということ」

はっきり言いすぎて、逆に気持ちいい(笑)
もし勝ってたらこんなことは言ってないよね、絶対。

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング


  1. 2006/04/04(火) 22:39:21|
  2. 05-06 Champions League|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

4/4 CL 準々決勝オッズ


Life is Champions League

この時期、試合中に激しいタックルを受けて
倒れこむ選手を見るとドキッとする。
W杯まであと2ヶ月。ケガだけは気をつけてもらいたい。

と思ってると意外なところで意外な病気になる人が。
ジーコ・・・。とりあえず順調に回復しているようで何より。

それでは安心して明日深夜(あさって早朝)キックオフの
CL 準々決勝第2戦オッズです。
まずは「ミラン vs リヨン」から、どうぞ。

2006.4.3 22:00現在(Ladbrokes.com)

result odds
Milan win 1.66
Draw 3.20
Lyon win 5.00

第1戦はリヨンホームで0-0の引き分け。
試合後、両監督ともに「この結果に満足している」
と語ったのが面白かった。
ただ、週末の国内リーグでは明暗を分ける結果に。

両チームとも明日のCLを見据えた構成で試合に挑み、
勝利でリーグ2位以内を確実にしたリヨンに対し、
格下レッチェに破れ、首位ユヴェントスとの差がさらに広がったミラン
この結果が明日の試合にどれくらい影響するかな?

続いてもう1試合「ビジャレアル vs インテル」です。

2006.4.3 22:00現在(Ladbrokes.com)

result odds
Villarreal win 2.37
Draw 2.87
Inter win 2.80

久しぶりに微妙なオッズ。
第1戦はインテルホームで2-1でインテルが勝利。
ただビジャレアルもアウェイで貴重な1点。
さらに週末の国内リーグでは両チームとも勝利し波に乗ってきている。
この試合はほんとにわからなくなりそう。

先日FIFAのインタビューに答えたインテルのアドリアーノ
「あなたにとってのヒーローは?」の質問に
「ジーコです」と即答。

病み上がり(とか言ったら怒られるかな?)のヒーローの為にも
明日はぜひ勝利をプレゼントしてほしい。

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング


  1. 2006/04/03(月) 22:03:15|
  2. 05-06 Champions League|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チームとは?


Life is football

アディダス+10企画。
特に進展はないんだけど、↓なんだか怖くないですか?

中村俊輔


「チームとは?」というタイトルで中村俊輔を始め、宮本、ベッカム、
ラウル、カカなどがいろんな質問に答えています。

「目の前には相手DFが3人、1人抜いたら次はどうする?」など
質問も選手の回答も興味深い。
でも、小刻みに動いてる感じとか、何もしないでいると
急に話しかけてくるのがちょっと怖い(笑)

ベッカムのFKのコツやヴィエラが試合前に必ずやること、など
気になる方はぜひご覧下さい。

そうそう、質問の答えを聞くには周りの赤いボタンを
選手のところまでドラッグしてください。って普通わかるかな?

adidas football

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング


  1. 2006/04/02(日) 21:53:50|
  2. football|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「バルサvsマドリー」オッズ


Life is football

今週はCL、ナビスコ、エクアドル戦、Jリーグと
いい感じで前日にオッズを紹介できていたのに
最後に大事な1試合を忘れてた...

「バルセロナ vs レアル・マドリー」
キックオフは明日早朝、まだ間に合いそうなので
とりあえず勝敗オッズだけ書いておきます。

2006.4.1 23:00現在(Ladbrokes.com)

result odds
Barcelona win 1.80
Draw 3.20
Real Madrid win 4.00

バルサは4/5のCL第2戦に照準を合わせているらしく
サポーターも現地メディアも今回のクラシコには冷ややかな反応。

一方、マドリーは来季のCL出場の為にも
リーガで2位以内に入っておきたいところ。
前回のクラシコではバルサに0-3で惨敗。
借りを返す大事な試合、と盛り上がっているのはマドリーだけ?


今日はもう1試合オッズを書きたい試合が。
日曜日のプレミアリーグから「ウェスト・ハム vs チャールトン」戦。

2006.4.1 23:00現在(Ladbrokes.com)

result odds
West Ham win 1.90
Draw 3.20
Charlton Athletic win 3.50

なんでこの試合かというと、
元イングランド代表で現在ウェスト・ハム所属のテディー・シェリンガム
4/2、この試合の日に40歳を迎えるから。

テディー・シェリンガム 344/860
ミルウォールでデビューしてからノッティンガム、
トッテナム、マンチェスターUtd、ポーツマスを経て
現在のウェスト・ハムへ。キャリアは22年。
860試合で344得点!
イングランド代表でも51試合で11ゴールを記録。

ケビン・キーガン、アレックス・ファーガソン
など名監督の下でプレー。
EURO96 オランダ戦では2ゴールをマークし、
Man of the matchにも選ばれている。
そんなテディがまだまだ現役を続ける理由とは?

「I hope I can play against him. We're similar so I can see
what he's trying to do, there's no better advisor.」
「彼と対戦することを待ち望んでいる。私達は似たもの同士なので、
彼が何をするかがわかる。こんなにいいアドバイザーはいないだろ?」

彼とは18歳になる息子で現在クリスタル・パレスに所属するチャーリーのこと。
兄弟対決はよくあるけど、親子対決なんて今まで見たことがない。
実現できるまでテディには現役で頑張ってもらいたい。
まずは明日のチャールトン戦でバースデーゴールを!

↓サッカーブログベスト50をチェック
人気ブログランキング


  1. 2006/04/01(土) 23:38:38|
  2. football|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
03月 « 2006年04月 » 05月
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
  • J.B.A
  • Add to Google
  • RSS

Recent Entries

Category

tag

Search

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Link

BLOG LINK

QR Code for mobile

QRコード

Profile

you+


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。