スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

FIFAのトップページに...


Life is Japan blue

大黒グルノーブルのユニフォームを広げる大黒。
移籍は少し前の話だし。なんで今頃?

FIFA.com
(←2006.2.8のFIFA.comトップページ)


「Europe's Asian invasion quickens」
(ヨーロッパへのアジア侵略が早まっている)という特集記事。

「4ヶ月後にW杯を控えた今、アジアのfootballer はヨーロッパ中のクラブですでに名をあげている」
というコメントから始まり、日本からヨーロッパのクラブへ移籍した選手の名前を挙げて、彼らの活躍やサポーターにどのように受け入れられているか、などが紹介されています。

最新の移籍ということで大黒からはじまり、フランスつながりでルマンの松井大輔、さらに「アルプスを越えてスイスのバーゼルへ」というコメントで中田浩二

イギリスへ移って成功した選手としてヒデ俊輔
ヒデの紹介が「同じ中田でも、もっと有名な中田英寿は...」で始まったのはちょっと... 「サッカーの楽しさを再発見する為にイングランドへ来て、そしてそれが実現している」という充実ぶりを表す本人のコメント。
俊輔は「スタジアムは常に満員で、何かするたびに拍手をもらえる。それが自信につながる」
稲本を「the tough tackling midfielder」と紹介。

続いてスペインの大久保嘉人、FWつながりで高原柳沢
高原は移籍を希望していて、柳沢は代表入りを確実にするためにアントラーズへ戻る予定、と説明。同じく鹿島からヨーロッパへ移籍した選手として鈴木隆行

平山はデビュー戦での2ゴールと2003年、2005年のワールドユースでの好印象を写真と共に紹介。

最後に小野伸二の5年間のフェイエノールトでの成功と現状。
「W杯では万全のコンディションでいたい」という小野のコメント。

ざっとこんな感じでした。
最後は小野のコメントで終了。
締めがなかった。これを書いた人は何が言いたかったのかな?

代わりに書いときます(笑)

もう一度サッカーの楽しさを発見しようと移籍を決断した選手。
競争の激しいリーグからわざわざスコットランドリーグでプレーすることを決めた選手。
移籍先にフランス2部リーグを選択した選手。
名前にこだわらず、自分が成長できる環境を、より試合に出場できる場所を選んだ選手達。その判断が正しかったかどうかは6月に明らかになる。

って、締めたかったんじゃないかな?
適当な和訳に、勝手な締め。
FIFAが日本語に対応してないからこんなことになる。

書き終わって、もう一度FIFAのサイトを見たら、大黒ちっちゃくなってる。
代わりにシアラーが....入れ替わりの速さ。


今日のサッカーブログランキング
人気ブログランキング

スポンサーサイト

  1. 2006/02/08(水) 23:56:41|
  2. Japan blue|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ハイベリーとアンリと私


Life is Highbury stadium

↑無理やり「私」もつけてみた。仲間に入りたかったから。

最近ウェンブリースタジアムのことばかり気にしていたので、うっかり忘れそうになってたこと。

Henry2/3のエルゴラより「ティエリー・アンリ、ハイベリーへの想いを語る」
ハイベリーには何かがある。何とも説明できない感触だね。僕にとっては他とは比較できないスタジアムだ。

来シーズンからアーセナルの本拠地はHighbury stadiumからEmirates stadiumへと移転する。

私にとっても他とは比較できないスタジアム。

初めてサッカーではなくフットボールを体験したスタジアム。
初めて芝の青さに感動したスタジアム。
初めて地響きのような低い歓声を聞いたスタジアム。
初めて試合中に身の危険を感じたスタジアム。
初めてトイレに閉じ込められたスタジアム。(それもいい経験)

試合当日、地下鉄の駅からスタジアムまでアーセナルサポーターで埋め尽くされた通りや、タバコで煙ったパブでビール片手に解説者並みに試合の予想をする人たち。
これら全てをひっくるめてHighburyは特別だった。

今シーズン終了と共に93年間という長い歴史の幕を閉じる。
この後はどうなるんだろう?

Highbury stadiumHighbury square

左が現在のスタジアム。そして右が跡地に建設予定のマンション「The Stadium -Highbury square」

現在のスタンドがある部分にフィットネスやプールのついたマンションを建設し、ピッチは居住者専用の中庭に。価格は290,000ポンドから。
興味のある方はこちらをどうぞ。
The Stadium Highbury Square

さらにシーズン終了後は次々と色々なものがオークションにかけられる予定。
Highburyの芝を我が家の庭に!という方はこちら。
Highbury Auction

1913年から誰よりも長くArsenalを見守ってきたHighbury。
どの試合が一番印象に残ってるんだろう。聞いてみたい。

今日のサッカーブログランキング
人気ブログランキング


  1. 2006/02/08(水) 00:50:11|
  2. stadium|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
01月 « 2006年02月 » 03月
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
  • J.B.A
  • Add to Google
  • RSS

Recent Entries

Category

tag

Search

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Link

BLOG LINK

QR Code for mobile

QRコード

Profile

you+


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。