スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

エンブレム(Jリーグ編1)


Life is J.LEAGUE

サッカーエンブレムが好き。限られたスペースの中に色んな意味がぎゅっと詰まってて、そのエンブレムがどうやって誕生して、どのように変化してきたかを見ると、そのクラブの歴史もわかるというすぐれもの(?)。そろそろ今シーズンのユニフォームも発表されたことなので、今日はエンブレムについて書いてみます。

セレッソ大阪セレッソ大阪のエンブレム。市の花である「さくら」、水都大阪をイメージするストライプ、そしてチームキャラクターのオオカミ。スペースの使い方がイングランドのようで、オオカミを使ってるところがイタリアっぽく、王冠はスペインのよう。日本のクラブとは思えないかっこよさ。

リーガエスパニョーラには王冠が載っているクラブがいくつかあって、それは全て王室から与えられたものだそうです。それらのチームは「レアル○○」と呼ばれているので、「レアル・セレッソ大阪」?
よく見ると王冠が載っているチームが他にもあった。

名古屋グランパスエイトサンフレッチェ広島アビスパ福岡

左からレアル・名古屋グランパスエイト、レアル・サンフレッチェ広島、そしてレアル・アビスパ福岡(笑)
みんなどこから王冠もらったんだろう?
で、説明を読むと王冠は「王者」を象徴する為に加えられたものらしい。確かに、強そうに見える。名古屋エンブレムの右上のちっちゃいグランパスくんがかわいい。広島の三本の矢の話はかなり有名。アビスパの下のとがった部分は「蜂の一刺」を表してるんですよ。一刺しと言わず、二刺し、三刺し...

ジェフユナイテッドヴィッセル神戸ザスパ草津

左はジェフのエンブレム。ファンに愛され、親しまれることを願って秋田犬が選ばれたそうです。イギリスのダービーカウンティのほのぼの系エンブレムに通じるところがあって好き。

あとの2つはJリーグでも最も対照的なエンブレム。ヴィッセル神戸はとにかくシンプルでかっこいい。このエンブレムをつけた外車が走ってても不思議じゃないくらい。

そしてそして、超個性的エンブレム。ザスパ草津の獅子舞。以前からかなり気になる存在。エンブレムの周りは大体月桂樹など植物を配置しているチームが多い中、月桂樹の代わりに獅子舞のたてがみ(?)ですよ。しかもそれがちゃんとマッチしてる。大きく開いた口の中には草津温泉の湯気。最も地域密着の理念に基づいたエンブレムなのでは?
今気付いたんだけど、よく見ると獅子舞がサッカーボール加えてる!奥が深い...

ということで、日本離れしたエンブレムから始まり、日本らしいエンブレムで締めてみました。
海外のクラブチームがそうであるように、日本のクラブのエンブレムも長い時間をかけて歴史と伝統が刻まれた最高のエンブレムに徐々に変わっていくことと思います。J百年構想ですから。

今回参考にした本は 「世界のサッカーエンブレム」

今日のサッカーブログランキング
人気ブログランキング

スポンサーサイト

  1. 2006/01/30(月) 23:00:51|
  2. J.LEAGUE|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

マジョルカvsバルセロナ予想オッズ


Life is football

Coral Eurobetで今日のマジョルカvsバルサ戦の特集を発見! 勝敗オッズはマジョルカの勝ちが6倍、引き分けが2.75倍、バルサの勝ちが0.4倍。0.4って...妥当すぎて面白くない。

それよりも紹介したいのは「Score in 90 Minutes」のオッズ。他に「1st scorer」と「Last scorer」のオッズもあるので、これは最初か最後に関わらず、とにかくこの試合でゴールを決める選手は誰?ていう感じかな。

2006.1.29 22:00現在(Coral Eurobet)

player odds team
H.Larsson (ラーション)  0.73
Maxi Lopez (ロペス)  0.73
Ronaldinho (ロナウジーニョ)  1.1
L.Guily (ジュリ)  1.5
L.Messi (メッシ)  1.5
M.Van Bommel (ファン・ボメル)  2.25
C.Victor (ビクトル) 
Y.Okubo (大久保嘉人)  3.5
J.Arango (アランゴ)  3.5
A.Iniesta (イニエスタ)  3.5

すごいメンバーの中に大久保がいる!しかも3.5倍。
Coral Eurobetもイギリス3大ブックメーカーの1つ。かなりの人が大久保に賭けてることになる。すごい。
とりあえずトップ10まで書きましたが、エントリーしてる選手は26人で、最下位の選手は80倍。前節1ゴール1アシストだけにみんな大久保に期待してるんだね。
大久保に賭けた人の為にも、がんばれ!

ていう応援の仕方はあまりよくないから....
同じ福岡県人として応援しています。これでよし。

今日のサッカーブログランキング
人気ブログランキング


  1. 2006/01/29(日) 23:05:55|
  2. football|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

W杯優勝国予想オッズ


Life is World Cup 2006

以前エリクソン監督について書いた時にお世話になった?イギリスのブックメーカー、Ladbrokesから今回はドイツW杯の優勝国予想オッズを紹介してみます。

2006.1.28 2:00現在(Ladbrokes.com)

team odds group
ブラジル 2.75倍
イングランド 6倍
アルゼンチン 7倍
ドイツ 7倍
イタリア 8倍
オランダ 10倍
フランス 12倍
スペイン 12倍
この辺りまでが妥当なところなのかな?それにしてもブラジルはダントツ。 次にイングランドがきてる、まぁ、ね。前回出場してなくてもオランダの評価はやっぱり高い。

ポルトガル 20倍
チェコ 33倍
スウェーデン 33倍
メキシコ 40倍
クロアチア 50倍
ウクライナ 50倍
コートジボアール 66倍
セルビア・モンテネグロ 66倍
ポルトガルはもうちょっと低い倍率でもいいような。 この時点でアルゼンチン、オランダのグループCは4カ国全て登場済み。一方、グループAで登場したのはドイツだけ。やっぱりあの抽選は....と、ぶり返す(笑)

パラグアイ 80倍
ボーランド 80倍
アメリカ 80倍
スイス 100倍
オーストラリア 125倍
エクアドル 125倍
日本 150倍
韓国 150倍
やっときた~。日韓仲良く150倍♪。て、喜べないよ。 ここまでで、日本のいるグループFは全て出尽くしました。さらに続く...

チュニジア 200倍
ガーナ 250倍
イラン 250倍
コスタリカ 350倍
トーゴ 350倍
アンゴラ 500倍
サウジアラビア 500倍
トリニダード・トバゴ 750倍
最後の方ちょっと適当になってない?

さて、さて、どこに賭けるかなぁ?とりあえずブラジル、アルゼンチンは外せない。開催国のドイツ、リベンジのオランダ。ちょっと狙ってメキシコ。そしてもちろん日本、という感じで。こうやって賭けもしないのに色々想像している時が実は一番楽しかったりする。W杯開幕までの正しい過ごし方?です。

今日のサッカーブログランキング
人気ブログランキング


  1. 2006/01/28(土) 03:14:14|
  2. World Cup 2006|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

続・Messi !


Life is Argentina

↑水色と白にしたかった...
中2日でメッシの話題ですみません。でも前回はバルサのメッシ、今日はアルゼンチンのメッシなので。表紙の平山の記事だけ読んでなぜか満足してた1/23発売のエルゴラ。開いてみたらメッシがいた!

messi「はるかなる野望と純真と」
「リオネル・メッシー 最後のマラドーナⅡ世」
いいタイトル。
インタビューはまずW杯の話題から。
どの質問にもきちんと答えるメッシだけど、必ずこの言葉を付け加える。
「もしチームに入れてもらえたら・・・」
「僕はまだ代表入りが決まったわけじゃないから・・・」


確かにそれは事実だし、同じような事を言う選手もいるけど、
「僕が選ばれなくったってアルゼンチンはドイツでは大活躍するよ」
と、ここまで言える選手はいない。どこまで謙虚な人なんだろう。

マラドーナに称賛されてどんな気持ちか、という質問には
「誇りに思うけど僕はまだサッカーが大好きな少年なんだ」

もう少年っていう年齢でもない気がするけど、なぜか自然に聞こえる。マラドーナと抱き合って写った写真の笑顔は、まさに少年。さらに、「今でもサインを頼まれると真っ赤になるくらいの恥ずかしがり屋」だと自分で認める。そんなにかわいさアピールしなくても...

和訳の問題かもしれないけど、本人の口調を忠実に訳しているとしたら、話し方も少年っぽい。小さい体にこの笑顔、この口調。でも試合中には控えめな少年とは思えないようなプレーをする。騙されそう。騙されてるのかなぁ?

今日のサッカーブログランキング
人気ブログランキング


  1. 2006/01/26(木) 21:20:00|
  2. football|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「ぼくのプレミアライフ」


Life is football + cinema

「ファン」と「サポーター」の違いってなんだろう?
いつ頃からかメディアや選手が「サポーター」という言葉を意識して使うようになった気がする。私はアーセナルのサポーターにはなれないけど、アビスパはほんの少しだけどサポートしてると思う。お金を払って観戦してるし、コンビニはローソン、缶コーヒーはGEORGIAを選ぶ。おぉ、アビスパサポーターだ! 関係ないけど、ヨン様ファンの方々は私の何倍もお金を費やしてるし、ヨン様の行く先々で場を盛り上げる。×ヨン様ファン→○ヨン様サポーター。

そんなサポーターの自伝的小説を映画化したのが「FEVER PITCH」(邦題:ぼくのプレミアライフ)。FeverPitch
邦題がちょっと...、ジャケットがちょっと...、という話は置いといて。主人公のポールはアーセナルの熱狂的サポーター。教師をしていながらもアーセナル以外のことはほとんど頭にない。そんなポールの学校に新任教師のサラがやってくる。彼女はポールとは正反対で真面目で保守的。
主題はこの2人の恋愛に置かれていますが、それ以外にもサッカー好きには見所がいっぱい。特にプレミアリーグやアーセナルファンならかなり楽しめると思います。

ポールが初めて父親に連れられてスタジアムに観戦に行くシーン。
スタジアムへ向かう場面では「サッカーには興味がないから」と浮かない顔。狭いゲートを通り、人で溢れかえる通路を通って観客席に入りスタジアムを見渡す。その瞬間ポールは目をキラキラと輝かせ、席につくなり父親に尋ねる。「次の試合はいつ?」

こうやってイギリスの子供達はfootballデビューをするんだろうと思った。今まで大人のものだと思っていたfootballの世界に初めて足を踏み入れる。そしてそれから何10年もそのクラブを応援し続け、自分の息子や孫たちをまたスタジアムへ連れて行く。

この映画の基になったのはNick Hornby(ニック・ホーンビィ)の同名の小説。この本には1968年から1992年までのアーセナルついてかなり詳しく書かれています。

最後に印象的だったシーンを。
サラに来シーズンの週末の予定を聞かれるが、ポールは来シーズンのアーセナルの予定がわらかないから、と答えを渋る。その時にポールがサラに言った言葉。
「付き合いはいいほうだ。別れる時は君のせいだ。アーセナルとは.....21年になる」
この言葉を思いっきり真面目に言うところ...やっぱり本物のアーセナルサポーターにはかなわない。

「ぼくのプレミアライフ」詳細はこちら

今日のサッカーブログランキング
人気ブログランキング


  1. 2006/01/25(水) 21:14:14|
  2. football + cinema|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

エリクソン監督の後任は...


Life is football

エリクソン監督がW杯後に辞任することになった。

2001年1月にイングランド代表史上初の外国人監督として就任してから、初めて迎えたビッグゲームが2002年日韓W杯。グループリーグでは因縁の相手アルゼンチンと同じF組に入り、さらにその組にはナイジェリアとエリクソン監督の母国スウェーデン。そして今回、最後のビッグゲームとなる2006年ドイツW杯。イングランドはグループB。パラグアイ、トリニダード・トバゴ、そしてまたしてもスウェーデン。

ここで話はそれますが、このブログのTOPの画像は2002年W杯のイングランドvsスウェーデン戦で撮影したものです。この頃のエリクソンはまさか今のような騒動に巻き込まれる事も、それが原因?で辞任の道を選ぶことも全く知らなかったわけで...

で、ここから本題。世界3大ブックメーカーの1つ、Ladbrokesが早速監督後任者の予想オッズを発表しました。

2006.1.24 23:00現在(Ladbrokes.com)

manager odds
Sam Allardyce
(サム・アラダイス:現ボルトン監督)
2.5倍
Alan Curbishley
(アラン・カービッシュリー:現チャールトン監督)
3倍
Steve McClaren
(スティーブ・マクラーレン:現ミドルズブラ監督)
4倍
Guus Hiddink
(フース・ヒディング:現オーストラリア代表監督)
7倍
Martin O'Neill
(マーティン・オニール:元セルティック監督、今は...知りません)
8倍
Luiz Felipe Scolari
(ルイス・フェリペ・スコラーリ:現ポルトガル代表監督)
12倍

この後はカペッロ、ヴェンゲルが25倍そして最後はSirボビー・ロブソンが100倍。納得。って、ちょっと待った!同じくLadbrokesのW杯優勝国予想オッズの日本150倍より倍率が低いよ...
「ボビー・ロブソン、次期イングランド代表監督に!」とかいう噂がW杯前に流れれば、日本が優勝してもおかしくない、ということかな?

今日のサッカーブログランキング
人気ブログランキング


  1. 2006/01/24(火) 23:25:23|
  2. football|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Messi!


Life is Barcelona

今シーズンのバルサがものすごく気になる。
もともとデコが好き。日本人にとって親しみ深い顔してるのに実はブラジル生まれのポルトガル人なデコが好き。だけど、今シーズンものすごく気になる理由は「メッシ」。

バルサの最年少得点記録を塗りかえ、ワールドユースではMVP。
バルサの下部組織出身と知って、英才教育を受けてきたエリートなんだろう、くらいにしかその頃は思っていなかった。それからメッシがメディアに取り上げられるようになって、彼のこれまでの人生を知った。今ではもう有名な話だけど、小さい頃から病気に悩まされていた事、家族が負担しきれない程の治療費を捻出する為、スペインへ移り住みバルサと契約したこと。その後も病気の治療の為、毎日ホルモン注射を欠かさなかったこと....

「世界でいちばん不運で幸せな私」という映画がある。内容に関連性はないけれど、この映画のタイトルを見るといつもメッシの事を思い出す。
もし、彼に才能がなかったら、才能があったとしてもそれを見抜いて治療費を負担してくれるようなクラブがなかったら。もし、家族にそんな少年を支える為スペインにまで移住しようという勇気がなかったら。一見不運に見えるメッシの人生にも実は色んな幸運が重なってる。

ロナウジーニョもメッシのことをすごい選手だと認めた上で、「何でも手伝ってあげれるよう、いつでも近くにいてやるつもりだ」と言っているらしい。
メッシ......やっぱり幸せ者だよ。

今日のサッカーブログランキング
人気ブログランキング


  1. 2006/01/23(月) 21:51:46|
  2. football|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「Japan blue」なDVD


Life is World Cup 2006

富士フィルムのDVD-R、いつからこんなことになってたんでしょう?

packagedvd

ブルーバージョンとホワイトバージョンあり。私が買ったのはブルーバージョンです。
商品名は「イレブンパック」。9枚の通常DVDと2枚の日本代表オリジナルレーベルが!これはワールドカップ日本戦録画用にとっておかないと。

calenderさらにさらに、日本代表卓上カレンダー付き。カレンダーの写真は2005年9/27のキリンカップ、ホンジュラス戦の先発メンバーのようです。W杯で一番盛り上がってるであろう6月は誰だろう?と早速チェック!高原でした。前回のW杯の時は悔しい思いしたし、FUJIFILMさんも期待してるんだね...

その数分後、単純にこの試合でつけてた背番号の若い順に1月、2月・・・と並んでいることが判明。なぁ~んだ。
以上1,580円で買える幸せ...でした。

FUJIFILM | Official Imaging Sponsor of 2006 FIFA World Cup Germany(TM)
TOPの動画にテンションがあがる。


今日のサッカーブログランキング
人気ブログランキング



  1. 2006/01/21(土) 16:37:30|
  2. World Cup 2006|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「シーズン・チケット」


Life is football + cinema

むりやりこんなカテゴリー↑を作ってみた(笑)
「サッカーが好き」+「映画も好き」=「サッカーに関する映画はもっと好き」ってことで。記念すべき?第1回目の作品はマーク・ハーマン監督のイギリス映画「Purely Belter」(邦題:シーズン・チケット)にしようかなぁ。

なんでこの作品かというと、明日アビスパの年間パスを購入する予定だから。ファンクラブ会員の割引を適用しても3万円。去年は同じ席が1万円以下だったことを考えるとかなりの出費です。J2からJ1になれば高くなるのは当然のこと。ただ、このプラス2万円はただの2万円じゃない。これでもっともっと強いアビスパになって!という愛情と気持ちのこもった2万円だから。

前置きが長くなりましたが、同じく愛するクラブの年間パスを手に入れるべく奮闘する2人の少年の友情と成長を描いた作品が「シーズン・チケット」です。
seasonticket
主人公のジェリーとスーエルの夢はNewcastle Unitedの試合をホームスタジアムであるSaint Jame's Parkで観戦すること。高額なシーズンチケットを購入する為あらゆる手段を試みる。時には彼らのヒーロー、アラン・シアラー(本人出演!)に直接チケットをねだったり...



結末はここでは控えますが、監督が「ブラス!」や「リトル・ヴォイス」のマーク・ハーマンだけにオチはかなり期待できます。また彼の作品らしくイギリスの抱える社会問題をいくつか垣間見ることも。主人公は口は悪いし、犯罪まがいの事もしてしまうけど、彼らの行動や言葉全てにfootballへのそしてNewcastle Unitedへの愛情が溢れていてとても憎めない存在。

最後に特に印象的だったシーンを...
ジェリーとスーエルがこっそりスタジアムへ潜り込み芝生を一部持って帰ってしまう。
その時の言い訳
「試合の一部になれないから 一部を頂く」
許される行為ではないけれど、サッカー好きならちょっと納得?

シーズンチケット詳細はこちら

今日のサッカーブログランキング
人気ブログランキング


  1. 2006/01/18(水) 22:18:29|
  2. football + cinema|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Thierry Henry!


Life is Arsenal

↓この方がなんだかすごい記録を達成したらしい。
あんまり嬉しそうな顔してないなぁ...ちっちゃくガッツポーズ。
henry
※誰だかわからないといけないので、アーセナルのティエリー・アンリです。

1/14 vsミドルスブラ戦でクリフ・バスティンのもつクラブのリーグ戦最多得点(通算150得点!)に並んだそうです。

試合前(に限らずいつも)音楽を聴いて陽気に鼻歌を歌ってたかわいいティティもサッカー選手としてはそろそろいいお年頃。これまでCLやW杯では実力に見合う程の活躍ができてないけど
でもね...
そろそろね...
ドイツではね...

そうそう、心強いお友達のこの人も影響されてかこんな事を。ジダンにもまだ「プロ初」な事があったんだ~。

ということで今日はこんなものをひっぱり出してきて聴いてみました。もちろん「Thierry Henry」をリピートで。この曲ってアンリのイメージと違うけど...と思いつつ口ずさむ
cd
FOOTBALLING WEEKENDERS Vol.1 「UP WITH THE ARSENAL」

今日のサッカーブログランキング
人気ブログランキング


  1. 2006/01/17(火) 21:14:22|
  2. Arsenal|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

EL GOLAZO


Life is J.LEAGUE

首都圏ではないのでエルゴラッソは発売日から3日程遅れて届きます。
アビスパが全体練習を開始して、新加入選手の記者会見を行った日に届いたエルゴラの表紙には「J、始動。」の文字。今日だけはグッドタイミング♪

060116_1

ずらりと並んだJ監督の写真。みんないい表情。顔に刻まれたシワにこれまでの苦労や努力を勝手に感じとってみたり、遠くを見つめる視線の先に何があるのか想像してみたり...しているうちにもうこんな時間。中味はまた明日にしよっと。

今日のサッカーブログランキング
人気ブログランキング


  1. 2006/01/16(月) 23:26:28|
  2. J.LEAGUE|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
12月 « 2006年01月 » 02月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
  • J.B.A
  • Add to Google
  • RSS

Recent Entries

Category

tag

Search

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Link

BLOG LINK

QR Code for mobile

QRコード

Profile

you+


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。